最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「あるひ、せんそうが はじまりました」あまりに日本と異なるアフリカの絵本 こめられた作者の願い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アフリカの絵本を集めて、全国各地で絵本展を行い、自ら翻訳も手掛けた女性のストーリー
毎週土曜日朝8時から放送しているニッポン放送『八木亜希子LOVE&MELODY』。
10時からは『10時のグッとストーリー』として、番組が取材した「聴いて思わずグッとくるGOODな話」を毎週お届けしています。

今回はアフリカの絵本を集めて、全国各地で絵本展や読み聞かせを行い、自ら翻訳も手掛けて紹介している女性のストーリーです。

10時のグッとストーリーはradikoからもお聴きいただけます。

「アヤンダは、ちいさな ちいさな おんなのこです。おとうさんと おかあさんおばあちゃんと おとうとに かこまれ いつも にこにこ、しあわせそうでした。アヤンダは、おとうさんが だいすきでした。」

「あるひ、せんそうが はじまりました。なぜ、なんのために たたかうのかだれにも わからない せんそうでした……」

アヤンダ──おおきくなりたくなかった おんなのこ ヴェロニク タジョ ベルトラン デュボワ 村田はるせ 風濤社『アヤンダ──おおきくなりたくなかった おんなのこ』ヴェロニク・タジョ(文)/ベルトラン・デュボワ(絵)/村田はるせ(訳)風濤社

こんな書き出しで始まるコートジボワールの女性作家、ヴェロニク・タジョさんの絵本『アヤンダ』。アフリカの架空の国で生まれた少女・アヤンダは、大好きなお父さんを戦争で亡くしてしまいます。

「戦争をする大人にはなりたくない」と小さいままでいることに決めたアヤンダ。しかしお母さんが病気で倒れ、おばあちゃんを亡くしたアヤンダは、弟の面倒をみるため、ちょっとずつ大きくなり、働き始めます。アヤンダはやがて、村でも評判の美しい娘に成長しました。そんなある日、強盗団が村を襲撃。アヤンダは村を救うために、ある決心をするのでした…。

この絵本『アヤンダ』を、4月に初めて日本語に翻訳して出版。「絵本を通じて、アフリカの今にもっと目を向けてほしいんです」と語るのが、富山県在住の、村田はるせさん。

村田さんはかつて東京で保育士をしていましたが、日本語が通じない外国人の子どもたちが増え、また日本人の子どもでも、親の事情から十分な育児を受けられない場合があるのを見て、自分の無力さを感じずにはいられませんでした。

「もっと保育士としての幅を拡げたい」という思いから、村田さんは青年海外協力隊に応募。1995年から2年間、サハラ砂漠の南側にあるニジェールに保育士として赴任しました。ニジェールは国土の砂漠化が進み、干ばつと貧困に苦しむ西アフリカの国ですが、天真爛漫で元気な子どもたちの姿を見て、心洗われたそうです。

そんなとき、隊員たちが集まる図書室で偶然セネガルの小説に出逢い、アフリカの価値観・歴史観に初めて触れた村田さん。帰国後、協力隊で知り合ったご主人と結婚し、富山に移住しましたが、「もっとアフリカのことを勉強したい!」と富山大学に社会人入学、アフリカ文学を学びました。村田さんはそこで、『アヤンダ』の作者、ヴェロニク・タジョさんの作品に出逢ったのです。

タジョさんの祖国・コートジボワールは、かつてフランスの植民地でした。普段の生活では現地の言葉が使われていますが、新聞や本、学校の授業では、今なおフランス語が使われており、子どもたちが読む絵本も、フランスから輸入されたものばかり。そこにはアフリカの人たちも景色も、一切出てきません。そんな現状に心を痛めたタジョさんは、子どもたちに読んでもらおうと、アフリカの伝統に根ざした物語集や絵本を書き出版。それが周辺諸国にも拡がっていきました。

「アフリカの文化や伝統に、もっと誇りを持ってほしい」というタジョさんの活動に感銘を受けた村田さんは、タジョさんの本をはじめ、西アフリカの絵本を個人的に収集。その数は300冊を越え、全国各地で、解説をつけた絵本展を開催したり、読み聞かせを行うなどの活動をしています。

村田 はるせ ヴェロニク タジョ(左)村田はるせさん(右)ヴェロニク・タジョさん

村田さんは、タジョさんにも直接メールを送り交流。「あなたの作品を、ぜひ日本語に訳して紹介したい」という願いが、この春ついに叶い、日本語版『アヤンダ』が出版されました。戦争によって家族を亡くし、途方に暮れている子どもたちが、世界にはまだたくさんいます。そんな子どもたちに希望を持って生きてもらうため、タジョさんが書いた絵本『アヤンダ』。村田さんは、本のあとがきで、タジョさんにインタビューしたときのメッセージを伝えています。

「大切な誰かを亡くしたとき、その人の心が癒やされ、再び社会のなかで生きられるようになるには、いくつかの段階を経る必要があると,この絵本で描きたかったのです。そして、それを支えるのは愛情なのです」

【10時のグッとストーリー】
八木亜希子 LOVE&MELODY 2018年6月9日(土) より

絵本『アヤンダ』にまつわるストーリーをradikoタイムフリーで聴いてみる。

※ radikoは2018年6月17日 午前5時までお聴きいただけます。
※ ニッポン放送radikoは関東地方でのみ視聴可能です。そのほかの地域の人はエリアフリーをご契約いただくと視聴が可能です。

[提供/ニッポン放送 八木亜希子LOVE & MELODY ・構成/grape編集部]

外部リンク(grape)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス