「この女、育ちが悪い…」一発ジャッジに繋がる40代女性のデンジャラスなLINE

OTONA SALONE

2018/6/14 18:30



40代にもなって身近な人から「育ちの悪い女だなぁ……」なんて思われるのは「とても不名誉」だと感じる女性は多いのではないでしょうか。

しかし男性たちは、恋のお相手を探しているときほど「この子は、どんな背景がある子なんだろう?」「この女性の本性は、どんなタイプなんだろう?」を静かに探っているもの。そのタイミングで「うわぁ。育ちが悪そうだ」なイメージを植え付けてしまうと、あとあとの恋愛展開に悪影響が及びがちなのも確かです。

ちょっとしたLINEをやりとりしあう間柄になったとき、そんなネガティブなイメージを与えてしまうなんて、恋愛上手は絶対にしないこと。

そこで今回は、男性たちに「うーん、育ちが悪そうだ!」と感じさせてしまう40代女性ほど送りがちな“ちょっとしたLINE”のクセに、魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする私、並木まきが迫ります。

1:泥酔していきなり呼び出す




まずは、時間もお金もある程度自由になった40代女性ほど、ついやってしまいがちなクセから。

お酒を飲むと気が大きくなり、普段だったらとてもできないような大胆な行動に出てしまう女性は少なくありませんが、そこで、例えば誤字脱字が多かったりやたらハイテンションだったりと、明らかに泥酔したような文面で「今から合流しませんか~」を繰り出してしまうと、そこに育ちの悪さを感じる男性は珍しくない傾向にあります。

「酒を飲んで男を呼び出すなんて、凄まじいな」「ひょっとして、酒浸りの女なのか!?」などの無用な憶測も呼びやすく、このあたりに“育ちが悪そう”なイメージが付きまとってしまいやすいというわけです。

これは、深夜の時間帯だけでなく、そこそこ夜が深まってはいるものの終電まではまだまだ時間があるタイミングでも、同様のイメージを醸し出しやすいです。

女性としてはそこまで深い意味がなく盛り上がりたいだけでも、相手がシラフだけに厳しいジャッジに繋がりやすい……という面も、無きにしも非ず。

2:自分がいかに「高い女」であるかを匂わせる




40代ともなれば、いろいろな経験を経て「私は、そこらへんの女とは違うのよ」を自負する方だって少なくない年代。

実際、若い頃よりも男性を見る目がシビアになってくる女性も多く「そんな私に、適したお相手を」が強くなるほど、少し親しくなった男性に、“高見せ”を匂わせるかのような自意識過剰な発言を送りつけてしまうケースも多々です。

そして「ワインは、年代物しか飲まないようにしています」「安っぽいお店には、行かないようにしているの」など、“高見せ”のつもりのLINEでも、この手の“モノの値段”にこだわっているかのような発言こそが「育ちが悪そうだなぁ……」を醸し出す要因に。露骨に高見せするわけではなくとも、それなりに経験を積んでいる男性たちほど、この手の“匂わせ”には敏感です。

「本当に育ちのいい女性は、そう頻繁に“カネ”にまつわる話なんてしない」という前提をもっている男性も少なくないだけに、“高見せ”のつもりが“安見せ”という、残念な逆転現象が起こりやすいわけです。

そして致命的なのはコレ→次ページ


3:年齢相応の日本語が使えない




社会人になってそれなりに時間が経過し、ある程度の経験を積んでいるはずの40代女性が、誤った日本語や崩れた言葉ばかりを多用していると「ひょっとして、育ちが悪いのか!?」なネガティブイメージを抱かれる傾向も強いです。

仮に普段は、正しい日本語や敬語を使っていて、親しくなりたい相手だからこそ雑な言い回しや砕けた表現を多用しているだけだったとしても、男性たちの抱く認識はかなりシビア。

「マジかよって感じ」「いんじゃないかしら(いいんじゃないかしら、の略)」「ふいんき(正しくは雰囲気)が素敵なの」など、ちょっとした言葉のクセが、その言い回しに慣れていない男性ほど「ん?」と引っかかる部分に。

そしてこういうのって一度気になり出すと、そこばかりが気になってしまう傾向も強く「あ!また間違えてるよ。育ちが悪い女はイヤだなぁ」などの辛辣な評価にも繋がりやすいのです。

「なにをしたわけでもないのに、あの彼が冷たくなったかも……」にお心当たりがあるケースでは、勝手に“育ちの悪さ”を感じて男性側が引いてしまっているパターンも多々。

せっかくLINEをしあう仲にまで進展したのに、ちょっとしたクセのせいでチャンスをふいにしてしまうのは、とても残念です。

お心当たりがあった方は、次回から少しLINEを変えるだけで、これまでよりもいい展開が望めるようになるかも!

あなたにおすすめ