清水尋也、『チア☆ダン』で土屋太鳳の幼なじみに 岐洲匠の出演も決定

クランクイン!

2018/6/14 17:30

 俳優の清水尋也が、7月期の金曜ドラマ『チア☆ダン』(TBS系/毎週金曜22時)で土屋太鳳が演じる主人公の幼なじみ役を務めることが明らかになった。併せて岐洲匠と高橋里恩の出演も発表され、注目の若手俳優が顔をそろえることとなった。

【写真】金曜ドラマ『チア☆ダン』新キャストフォトギャラリー

広瀬すずが主演を務めた映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』の9年後を舞台とする本作は、主人公の藤谷わかば(土屋)らがチアダンスで全米優勝を目指して奮闘する姿を描く。清水が演じるのは、わかばと同じ高校に通う幼なじみ・椿山春馬。春馬は野球部に所属しており、ポジションはピッチャーだが、夏の甲子園大会で大きな試練が訪れる。また、恋に積極的な汐里(石井杏奈)らとともに、チアダンスに明け暮れるわかば達に、淡い恋の色彩を加える重要な役どころでもある。

清水は「チアダンの映画を見させてもらっていて、男性キャストがすごく少ないと知っていたので、役を頂けた時は凄くありがたいと思いました」と回想。「僕が演じる春馬は、最初から大きなものを抱えている人物なので、彼の心に空いてしまった大きい穴をどう再構築していくのか、その過程を丁寧に描いていきたいなと思い、ひとつずつ丁寧に演じていきたいと思っています!」と意気込みを明かしている。

岐洲が演じるのは、オダギリジョー扮する漆戸太郎が教師として挫折し、トラウマを抱えるきっかけとなった前任校の生徒・木田隆。木田はかつてテニス部に所属しており、太郎に情熱を持って指導されていた。しかし太郎の熱い思いが木田を追い込んでしまい、ある事件が起こってしまう。一方の高橋は、春馬の野球部仲間である上杉昇役を務める。

ドラマ『チア☆ダン』はTBS系にて、7月13日より毎週金曜22時放送。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス