神田愛花、夫・バナナマン日村からのプロポーズの瞬間を明かす

6月12日放送の「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)に、バナナマン日村勇紀と結婚したフリーアナウンサーの神田愛花が登場。日村からプロポーズを受けた時のシチュエーションや、プロポーズの言葉について赤裸々に語った。

プロポーズの言葉は「僕を幸せにしてください」


番組冒頭、明石家さんまから「神田、おめでとうございます」と、日村との結婚を祝福された神田。「何年交際したの?」と尋ねられて「3年ぐらいだったと思います」と答える。

神田は以前さんまに「結婚できないです。私、遅いです」とボヤいていたそうで、「なのになんで結婚に踏み切ったんや、そこ?」と不思議がるさんま。これに神田は「クリスマスにプロポーズをしてくれまして」と明かした。

「あの日村の顔が…そんな日をチョイスしたん?魔法に女、かかるのかな?クリスマスにプロポーズってうれしいのかな?」と、爆笑しながらも嬉しそうなさんま。

続けて場所を聞かれて「ソファの上だったと思います、家です」と神田。「ワインかなんかで乾杯しながら?」と追及の手を緩めないさんまに、神田は「えっと確か、ご飯食べ始めますと、しっちゃかめっちゃかに机の上がなるので、その前だったと思うんですよ」と、日村からのプロポーズはアルコールが入った状況ではなかったと素直に回答した。

プロポーズの言葉を尋ねられた神田は、「確か、『僕のことを幸せにしてください』でした」と照れくさそう。「今、お客さんの誰かが『ウワッ』って言った!」と失礼なことを言う若槻千夏に、神田は「わかる、わかります!」と乗っかった。

「責任をちゃんと持たなきゃってピンっとしました」と、背筋を伸ばす神田。「えっ?『幸せにします』言うたのか?」と驚くさんまに「そうですね、『はい』みたいな感じだったと思います。もう、ちょっと覚えてないんですけど」と、突然のプロポーズに混乱していた様子を語る神田であった。

(Yomerumoバラエティニュース編集部)

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ