「万引き家族」注目の子役・城桧吏インタビュー「目標の役者さんはリリー・フランキーさん!」

ザテレビジョン

2018/6/14 16:33

第71回カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞し、全世界から注目を浴びるの映画『万引き家族』(6月8日(金)~全国公開)。是枝裕和監督がメガホンをとった今作は、東京の下町に暮らす、平凡で貧しい家族の物語だ。リリー・フランキー、安藤サクラら実力派キャストの中で、ひときわフレッシュな魅力を放っているのが、11歳の城桧吏である。

オーディションで選出された城は、リリー演じる治と、安藤演じる信代の息子・祥太役。スカウトをきっかけに7歳から芸能活動を開始している城だが、主要キャストとして出演するのは、今作が初となる。今の率直な思いを聞いてみた。

■ 「一生懸命、祥太になりきりました」

「最初にこの映画のオーディションを受けたときは、監督から“この台詞を言ってみて”って言われて言っただけだったので、あまりオーディションを受けたっていう感覚がなかったんです。でも、この映画をやってみて監督さんが、“いいね”って褒めてくれたり、リリーさんもたくさん褒めてくれたから、すごく嬉しくて、お芝居って楽しいな、もっとやりたいなって思いました。監督さんからは、“役になりきることが大切だよ”って言われたので、一生懸命祥太になりきりました」

是枝監督の演出の特徴として、子役には事前に台本を渡さず、その場で台詞などを伝えるという手法が取られる。

「その場で監督さんが、その場の情景を説明してくれて、“こういう動きで、こんなふうにやってね”って言ってくれるので、すごく分かりやすかったです。難しかったシーンは、一番最初に万引きするとき、鞄の中にお菓子を落とすところ。お菓子が鞄の中になかなか入らなくて、すごく難しかったです。

自分的に一番気に入ってるシーンは、釣りのシーン。釣りが特に好きというわけではないし、初めてやったんだけど、スタッフさんたちがルアーの話をしていたのを聞いていたので、アドリブでいろいろと言ってみたんです。そしたら、監督もリリーさんも、“すごく自然で良かったよ!”って褒めてくれたんです」

■ カンヌは「街並みがすごく綺麗でした!」

【犯罪】でしかつながることのできなかった家族を、城はどう受け止め、そこから何を感じ取ったのだろう?

「万引きはダメなことだけど、家族ってやっぱり大切な存在なんだなって思いました。駄菓子屋のおじさんに、“妹にはやらせんなよ”って言われるシーンでは、なんかドキッとしたというか、いろんなことを考えちゃいました。この映画は、感動するところもあるし、楽しい場面もあるし、なによりも家族の大切さを改めて教えてくれる作品になっていると思います」

是枝監督はもちろん、接した者はみんな、“11歳にして色っぽさが宿っている”と口を揃える。子役を決めるオーディションの際、城を一目見た瞬間に、“この子しかいない”と直感したのだという是枝監督は、城が持つ天性の才能を一瞬にして見抜いたのかもしれない。

今作は、第71回カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞。日本作品としては、21年ぶりの快挙となった。

「なんか、いっぱい注目されていて恥ずかしいです。子供なので、あまりよく分からないんですけど、すごい賞だって聞いたので、びっくりしました。世界で一番すごい映画ってことなんでしょ? それってすごいことですよね!? 家族には、“こんなにすごい作品に出させてもらえて、本当に良かったね”って言ってもらったし、友達にも“すごいね!”って言ってもらいました。

授賞式でカンヌ映画祭にもに行ったんですけど、街並がすごく綺麗でした! でも、行きの飛行機の中で、11時間くらいずっと映画を見ていてイヤフォンをしていたら耳が痛くなっちゃったので、帰りは気をつけました(笑)」

■ 「学校では『人狼ゲーム』をしてます」

スクリーンの中の城は、“祥太”そのものであり、実年齢よりも大人っぽく感じたが、普段はまだまだ幼さの残る無邪気な11歳の少年という印象だ。

撮影現場の空き時間や、学校やプライベートではどのように過ごしているのだろう?

「撮影現場の空き時間では、みゆちゃんとかくれんぼとか、鬼ごっこしたりして遊んでました。みゆちゃんが綺麗なものが好きだから、コンクリートを削ったところから出るキラキラした石みたいなものを一緒に探して遊んだりしました。

学校では友達と『人狼ゲーム』をしたり、ドッジボールをしたりして遊んでます。でも、走るのは得意だけど、ドッジボールはあまり得意ではないです(笑)。ボールがくるとビビっちゃうので(笑)。家ではテレビゲームをしたり、弟とレゴをして遊んでます」

■ 「世にも奇妙な物語」に出てみたい

城は現在、新人・若手俳優集団EBiDAN内の派生ユニット“スタメンKiDS”としても活躍中である。最後に、歌への想いと役者への想いを聞いてみた。

「どっちも大好きなんですけど、歌と役者はまったく違うと思っています。歌とかユニット活動は、お客さんをその場で楽しませることを意識しているし、演技は自然でいようと思っているんです。

この映画をやって、いろんな役をやってみたいって思うようになりました。アクション系とか、ホラー系の映画に出てみたいです。あ、でも、怖すぎるのは好きじゃないから、『世にも奇妙な物語』とか、ちょっと不思議な世界を描いたドラマとか映画がいいです。目標の役者さんはリリーさん。演技がすごく自然で上手いし、普段もすごく優しいので、いろんなところが憧れです。リリーさんのような役者さんになれるように、これからも一生懸命頑張っていきたいと思います!」(ザテレビジョン・武市尚子)

https://news.walkerplus.com/article/150569/

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス