最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

仁支川峰子「不倫は認めちゃったほうがいいのよ」ズバリ本音で美女トーク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 歌に映画に写真集に舞台に、さまざまなジャンルでいずれも高評価を得てきた仁支川峰子さん。45年の芸能生活で、酸いも甘いも噛み分けてきたからこそ、ひと言ひと言に重みがあるのだ!

――昨今の芸能界では、不倫の話題が多いですよね。

仁支川 みんな、下手よね。嘘をつくし。ああいうのは認めちゃったほうがいいのよ。そしたら追いかけられないのに。

――なるほど、そういうもんですか。

仁支川 私も23歳のときに(火野)正平ちゃんとそういう関係になった際は、すぐに認めましたよ。でも、記者会見はしませんでしたね。だって、大勢が一斉にガーッて来たら、どうなるか分からなかったし。

――じゃ、記者と1対1で取材を受けたんですか。

仁支川 そう。鬼沢慶一さん、梨元勝さん、福岡翼さんといったリポーター1人ずつと、個室で話したの。1対1だと、結局は人間同士の話になるから、すぐに理解してくれましたよ。

――不倫報道ブームのキッカケになった、ベッキーの記者会見はどうご覧になりました?

仁支川 アレはダメよ。ベッキーちゃんは、本当の自分とは違うキャラクターを作って出てきて、ちゃんと自分の言葉で答えないで引っ込んだでしょ。素直に認めさせて、本当のことを好きなようにしゃべらせてあげたら良かったのよ。

――では、斉藤由貴のケースはどう思われましたか?

仁支川 アレも下手だったよね。最初はうまくかわしたつもりだったんだろうけど、後から後から写真が出てきちゃって。アレも初めから認めるべきだったのよ。そうすれば第2弾は出なかったかもしれないでしょ。1回目で認めて、「ホントに申し訳ありませんでした」って謝らなかったから「反省しないじゃん」ってことになるのよ。

――なるほど~。

仁支川 私も正平ちゃんとのときがそうだったけど、非を認めるということは、「1回ダメになる」ということなの。当時、やらせていただいていたCMも、それでなくなりましたからね。だけど、素直に認めると、みんな逆に応援してくれましたよ。私のファンは、それまで8割が男性だったけど、あの騒動からは比率が逆転して、今ではファンの8割が女性なんです。

――仁支川さんのお話はいつも歯切れがいいから、女性ファンもスッキリするんですね。さて、今さらですが、仁支川さんは演歌歌手でデビューされたんですよね。

仁支川 そう。もともと私は女優志望だったの。子どもの頃、体が弱くて、母が歌うことによって肺や内臓から強くしてあげようと思ったみたいで。そもそも、5歳ぐらいまでは足が立たなかったんで。

――えっ、そうなんですか。

仁支川 当時住んでいたところは6歳のときに初めて電気がくるようになったような山奥で、やまびこが返ってくるように、毎日1時間くらいお腹に力を入れて歌っていたんですよ。

NHK紅白歌合戦にも出場

――それでデビュー当時のキャッチフレーズが“やまびこ演歌”だったんですね。で、幼い頃に病弱だった少女も、歌手になってからは4回連続で『紅白歌合戦』に出場する売れっ子に。超多忙だったそうですが、以前、インタビューした際は、「それでも恋はしてた」とおっしゃっていましたね。

仁支川 恋ぐらいしなきゃやってられなかったの(笑)。

――ネット時代の今と違うとはいえ、昔は芸能人の密会がほとんど表に出なかった気がしますが……。

仁支川 私の場合はマネージャーはもちろん、母も知っていて、フォローしてくれたから、気づかれることもなかったんですよ。2人のことを理解して認めてくれて、ちゃんとデートとかもセッティングしてくれてね。そうじゃなかったら、今の人たちみたいにすぐに見つかっちゃったわよ。

――昔はマネージメントが公私にわたってキッチリされていたんですね(笑)。聞きにくいことを聞くついでにズバリうかがいますが、ちょっと前に話題になった芸能界の“マクラ”って、実際にはありました?

仁支川 私もプロデューサーに強要されたことがありましたよ。

――マジですか!?

仁支川 1人だけでしたけどね。「自分の女になったら主演やる」って。でも、「そういうのできません」ってキッパリ断りました。

――で、そのプロデューサーはなんと?

仁支川 「そうすると仕事がなくなるよ」って。で、私は「はい、結構です。仕事がなくなるとしたら、私はそういう存在でしかないってことでしょ」って。結局は、そこは出入り禁止になりましたけどね。

――おおー、カッコいい! 仁支川さんのそういう潔さが、後の映画『極道の妻たち』シリーズにも生かされている気がします。ちなみに仁支川さんは、20代後半以降は女優としての活躍が目覚ましいですが、目標の女優さんはいらっしゃったんですか。

仁支川 いませんね。私の世代だったら美空ひばりさんを挙げる方が多いと思うけど、ああはなれませんよ。歌はもちろん、劇では男役と女役の二役をこなすなど、女優としての表現力もすごかったですよね。

――参考にはされなかったんですか。

仁支川 参考とかじゃなくて、もう自然に見入ってましたね。あんまり入り込むと仁支川峰子の個性がなくなっちゃうんで、そこはマネはしないようにと。

■映画『陽暉楼』『吉原炎上』『肉体の門』が代表作

――仁支川さんの出演映画では、『陽暉楼』『吉原炎上』『肉体の門』の3本が代表作といっていいと思いますが、いずれも五社英雄監督の作品ですよね。1992年に、働き盛りの62歳で亡くなられましたが、どんな監督だったんですか。

仁支川 自分で言うのもナンですけど、私ってホントにテストが少ない女でね。たとえば『吉原炎上』で、私が1人で真っ赤な布団部屋にいるシーンがあったでしょ。

――はい。とてもインパクトがありましたね。

仁支川 あれ、1回テストの1回本番だったの。普通は何回かテストをやって本番なんだけどね。五社監督は、私がダラダラやるのが嫌いなのを知っているんですよ。舞台出身の二宮さよ子さんの場合は、お芝居のクセを抜くために30回くらいテストを重ねたらしいんですけどね。

――女優の資質を見抜く力がすごかったんですね。

仁支川 『肉体~』のときは根津甚八さんとのカラミがあって、シャイで緊張している私の気持ちをほぐそうと、監督はお酒を勧めてくれてね。

――優しい方ですね。

仁支川 板張りの上での撮影だったんですけど、ぶつかると痛くて(苦笑)。もう色気がどうのなんて言ってられない。アレはスポーツ、戦いでしたよ(笑)。

――そんな事情があったとは(笑)。

仁支川 『肉体~』のラストの爆破シーンでは、私も五社監督もお互い、体調がちょっと優れなかったんです。ロケ・セットも琵琶湖で寒くて。セリフの言い回しが納得いかなかったけど、あまり粘ることができなくて。そこは今でも悔いが残っています。

――あの壮絶なシーンの撮影の裏にはそんなことがあったんですね。そもそも五社監督は、『人斬り』とか『闇の狩人』とか、ダイナミックな殺陣や男性キャラを描くことに定評がありましたが……。

仁支川 女優をキレイに撮ってくださる監督でもありました。赤や黒といった、女性が美しく魅える色をけっこう使ってましたね。

――仁支川さんが写真集のお仕事をされていたのは、この頃でしたね。

仁支川 はい。30~35歳までの間で私の人生の記録としていいかなって。体が美しく見える35歳まで、と決めていたんです。だから、それ以降はやっていないの。今でもお話はいただくことがあるけど、これだけは絶対に譲れないんですよ。

■仕事はバリバリでも、恋愛はごぶさた

――残念! でも、その後もお芝居や歌で、ずっと活躍なさってます。

仁支川 6月20日から、『悪い女はよく拝む』という舞台をやらせていただきます。私が演じる葬儀屋の女社長を主人公にしたブラック・コメディものです。ぜひ、劇場に足を運んでいただきたいですね。

――歌のほうは、今年2月には新曲『一歩坂』をリリースされましたね。

仁支川 人生の応援歌……って言っていいかな。リリース後しばらくの間、有線でベスト3位にまで上がったんですよ。

――仕事の面は今もバリバリこなされてますが、プライベートでのロマンスのほうは……?

仁支川 ごぶさたなの。11年恋愛してません(笑)。年齢的には、何かあったときのためにも誰かと生活しているほうがいいんだろうけど……それも駆け引きみたいでイヤだしね(笑)。

――そんな理由で恋人を作るもんじゃない……ってことですか。

仁支川 結局、男と女って出会いでしょ。それは待つしかないんだよね。無理やり作る必要ないと思うし。

――気持ち的に恋愛モードにならないんですね。

仁支川 全然ならないです。今はけっこう仕事楽しいんで。あとは寝ること(笑)。脳を使ったら、体もだるくなるんで、オフのときはひたすら寝ます。寝ようと思ったら16時間ぐらい寝られますから(笑)。

竹を割ったような人柄の仁支川さん。還暦を迎え、いい女の快進撃はこれからも続くのです。

仁支川峰子(にしかわ・みねこ)

1958年5月24日、福岡県生まれ。A型。73年、第3回全日本歌謡コンテスト優勝。翌74年に『あなたにあげる』で西川峰子としてデビューし、日本歌謡大賞最優秀新人賞、日本歌謡大賞新人賞を受賞。その後、ドラマ『桃太郎侍』『青春家族』や映画『陽暉楼』『吉原炎上』『肉体の門』などに出演し、女優としても活躍。2009年に“西川”から“仁支川”に改名し、現在に至る。


外部リンク(日刊大衆)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス