最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

好調の19歳、畑岡奈紗がLPGAツアー第16戦に出場!「トップ10に入りたい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
LPGA女子ゴルフツアー第16戦「マイヤーLPGAクラシック」を6月14日(木)から17日(日)まで、WOWOWで連日生中継する。第1日は14日(木)深夜3時30分よりWOWOWプライムにて無料放送。続く第2日は15日(金)深夜3時30分、第3日は16日(土)深夜2時30分、最終日は17日(日)深夜2時30分から、いずれもWOWOWライブでの中継となる。

戦いの舞台は、1929年に開場した歴史の長い距離のあるコース・ブライズフィールドCC(米・ミシガン)だが、比較的フェアウェーも広いため、最後までアグレッシブに攻め続ける展開が予想される。また、グリーンが硬く、手前から奥に向かって傾斜しているホールが多い。確実にパーオンさせるのがポイント。風が吹きやすい午後はスコアを伸ばすのが難しくなる。

今大会には畑岡奈紗、野村敏京、横峯さくらが出場。その中から、畑岡と横峯に大会に懸ける意気込みを聞いた

■ 畑岡奈紗インタビュー

――距離が長めの設定ですが、今大会のコースの印象を教えてください。

ラフが長いですね。私のドライバーの飛距離だと落ちる地点が狭くなっているので、フェアウェーをキープしないとなかなかチャンスにはつけられないと思います。グリーンはあまり重くはないですが、切れそうで切れない芝目があるのでそこが難しいです。

――距離の長いパー3の4番や、パー5へ変更された16番などありますが、キーポイントはどこになりますか?

距離が長いパー3ですね。アウトコースはまだ回っていないので、この後のプロアマで確認したいと思います。練習の時からすでに風は強いので、低いボールもしっかりコントロールできるようにしたいです。

――ご自身の調子はいかがですか?

全米女子オープンの時からあまり変わっていないですね。もう少し思い切って振り切れたらいいですが、まだ考えてしまっている部分があります。試合に入ったらスイングのことは考えないでいきたいです。まず予選通過を目指して、トップ 10 に入りたいです。

■ 横峯さくらインタビュー

――先週の大会(ショップライトLPGAクラシックby Acer)は素晴らしいプレーでした。その後はどのように過ごしましたか?

先週の試合前から決めていたことですが、ニューヨークに行って知り合いのやっているおすしを食べました。

――今年のコースの印象を教えてください。

何ホールか距離が長くなっているので、そこのマネジメントが変わってくるなという印象です。キーポイントは最終的にパッティングになりますが、ティーショットをフェアウェーに打てるとチャンスが出てくると思うので、メリハリのついたゴルフができるようにしたいです。

――先週はパッティングが絶好調でしたが、感触はそのまま続いていますか?

そうですね、好調を維持できればいいと思います。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/150648/

外部リンク(ザテレビジョン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

エンタメ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス