最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

久石譲&辻井伸行、初共演ステージに山﨑賢人がサプライズ登壇

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


映画『羊と鋼の森』のエンディング・テーマを制作した辻井伸行による特別コンサートが2018年6月13日に行われ、楽曲の作曲・指揮を担当した久石譲がゲスト参加した。

ピアノの調律に魅せられ、ピアノと繋がる多くの人と出会い成長していく青年の物語を描いたベストセラー小説を実写化し、そのエンディング・テーマ「The Dream of the Lambs」を世界的音楽家の2人が手掛けることが話題となっていた。映画公開を記念して開催された特別コンサートでは、久石にエスコートされながら、辻井は一緒に笑顔で登壇。東京フィルハーモニー管弦楽団とともに、「The Dream of the Lambs」が世界で初めて、観客の前で演奏され、約2000名の観客は割れんばかりの拍手を贈った。目に涙を浮かべる観客も見られ、演奏後、久石譲と辻井伸行は笑顔で寄り添い、観客に一礼した。

この日は、映画で主演を務めた山﨑賢人がシークレットゲストとしての登壇。久石は「調律師の姿をしっかり描き、本当に素敵な映画でした。ひたむきな青年を演じた山﨑さんの繊細な演技も素晴らしかったです」と映画を絶賛し、辻井も「この映画に関わることができて本当に嬉しいです。主演の山﨑さんやキャストの皆さんとご一緒出来て、本当に光栄でした。またご一緒したいです!」と笑顔でコメント。両者の言葉に山﨑は「ありがとうございます。本当に嬉しいです。お二人に作っていただいたこの曲が、映画を支えてくれました」と感謝の気持ちを述べた。

トークイベントの最後に、久石から「せっかく素晴らしいオーケストラの皆さんもいらっしゃいますので、もう1回、エンディング・テーマを演奏しようと思います!」と急遽、2回目の演奏が実現。演奏後、花束贈呈と握手を交わした山﨑は「今日をすごく楽しみにしていました。生で演奏を聴き、主人公・外村の悩みながら、壁にぶつかりながら前に進んでいき成長していく姿が目に浮かんできて、感動しました。本当に素晴らしい曲をありがとうございます」と笑顔で感想を述べた。

※辻井伸行の「辻」は「一点しんにょう」

◎公開情報
『羊と鋼の森』
全国公開中
監督:橋本光二郎
脚本:金子ありさ
出演:山﨑賢人、鈴木亮平、上白石萌音、上白石萌歌ほか
(C)「羊と鋼の森」製作委員会


外部リンク(Billboard JAPAN)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

エンタメ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス