同級生にいじめられた少年 親戚の行動が、彼の心を救った

grape

2018/6/14 11:36


David Pendragon
「性別や年齢に関係なく、自分らしく生きよう」

徐々にではあるものの、そうした考えが主流になりつつある現代。

しかし、いまだ「男のくせに、女のくせに…」「子どもっぽい趣味はやめなさい」といった声をあげる人も少なくありません。

アメリカに暮らす10歳のライカーくんも『猫柄のバッグ』が原因で、同性の同級生たちから冷やかされてしまったといいます。

「猫柄のバッグなんて男らしくない」とでも、いわれてしまったのでしょうか…このことがきっかけで、ライカーくんはお気に入りだったはずの猫柄のバッグを使いたがらなくなってしまいました。

※写真はイメージ

ライカーくんは、好きなものを好きといっただけで、批判されるようなことは何もしていません。

それをライカーくん自身に分かってもらうため、立ち上がった大人がいました!

なんて先進的なおじさんなんだろう

ライカーくんを勇気付けるために行動に出たのは、彼の親戚であるデヴィッドさん。

デヴィッドさんは、ライカーくんのつらい経験を知り、自身も同じ『猫柄のバッグ』を購入。そのバッグを持ち、職場に出勤したのです。


My cousin, Emily, has a 10 year old son named Ryker. Ryker, who loves cats, was very excited to get his new lunchbox....
David Pendragonさんの投稿2018年4月2日(月)
デヴィッドさんが勤めているのは、お堅い社風の大企業。当然ながら、猫柄のバッグは注目を集めました。

しかし、彼の職場に時代遅れな考えを持つ人はいませんでした。

デヴィッドさんが猫柄のバッグを持つ理由を説明すると、誰もが「君は間違っていない」とライカーくんの思いに共感してくれたのです。

また、デヴィッドさんはFacebookを通じて、ライカーくんやライカーくんと同じ経験をした人たちに向けて、こんなメッセージを送っています。

男らしくなる方法は1つではありません。

男だってカラフルに着飾っていいし、男だって自分らしさを求めていい。男だってもっと自分の思いに正直になっていいのです。

自分はこの新しい猫柄のバッグがお気に入りです。

だから、ライカーはもちろん、ほかの少年たちも、もっと自分の好きなものを大切にしてほしい。自分を表現することを恥ずかしいとは思わないでください。
David Pendragon ーより引用(和訳)デヴィッドさんの思いはライカーくんだけでなく、多くの人の胸に突き刺さり、15万人以上から共感のコメントなど、好意的な反応が寄せられています。

・あなたは、まさにヒーローのような人だ。

・こうした考えが、もっと広まってほしい。

・このランチボックスって素敵。どこで手に入るの?

・猫好きの男だっているよ。ちなみに、自分は誰よりも男らしいと思ってる!

社会に根強く残る、『男らしさ、女らしさ』の価値観。

デヴィッドさんの投稿への反響の大きさは、それほど、多くの人が自分以外の誰かの価値観に縛られ、生きづらさを感じていることの証明のように思えます。

自分らしさを大切にする…そんな当たり前の考えがもっと広まり、周りもそれを認める世の中になるといいですね。


[文・構成/grape編集部]

あなたにおすすめ