最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ナイトビジョン第2.5世代はどこまで暗視可能?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

暗いところを明るく見せるナイトビジョンは、暗視の技術的方式によって第1世代から第3世代までに分類されています。ただし、第3世代のナイトビジョンは現用の兵器となるため入手は困難。民間人が入手可能なのは第2.5世代相当のナイトビジョンです。ナイトビジョンはどこまで暗視可能なのでしょう?

ナイトビジョン第2.5世代はどこまで暗視可能?

ナイトビジョン第2世代は緑の映像


暗視スコープとも呼ばれるナイトビジョンには、第1世代から第3世代まであります。第1世代は第2次世界大戦末期の1944年からのもの。赤外線を投射し、反射した赤外線で暗視する方式ため、映像はモノクロです。防犯カメラやビデオの夜間撮影などに広く使われています。

1960年代から登場するナイトビジョン第2世代は、星明かりのようなわずかな光を電気的に増幅する方式です。このため、第2世代のナイトビジョンは「スターライトスコープ」とも呼ばれます。レンズをのぞくと緑の映像となるのが特徴です。

第3世代のナイトビジョンは第2世代の技術を進化させたもの。現用の兵器であるため、正規輸出ができないため入手は困難を極めます。ミリタリーショップで売られているものは、30万円以上と高価です。

ナイトビジョンで赤外線を照射する


そして、民間人が入手可能な最高レベルのナイトビジョンが第2.5世代となります。そんな第2.5世代相当のデジタル単眼鏡ナイトビジョンが、スパイダーズXの「PR-813」です。撮影機能付きなので、見たままをそのまま録画できます。

このナイトビジョンは350m先まで赤外線を照射できるので、夜の公園での野鳥の観察や自宅周辺の防犯対策に有効でしょう。実際に、真っ暗闇で約10mの距離から赤外線を照射すると、ターゲットが暗闇に浮かび上がりました。

基本スペックは解像度が1280×720ドット(30fps)で保存形式はAVIです。記録メディアはmicroSDHCカード(最大32Gバイト)、電源は単3形乾電池×4本、サイズ/重さは108W×72H×208Dmm/694g。実勢価格は49,800円となっています。

外部リンク(ラジオライフ.com)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス