真夏の夜の百貨店 階段で“怪談”を楽しむ

OVO

2018/6/14 11:08


 よく知っている場所だとしても、閉店後、夜の姿は見たことがないのがデパート。松坂屋上野店は、開業250周年を記念してこの夏、閉店後の館内でイベントを開催する。「階段」で「怪談」を楽しむ、というダジャレのようだけど怖そうな催し。6月20日から抽選枠の応募が始まる。

現在の本館は1929年に完成。今や、建物のシンボル的な存在ともいえる「大階段」は、当時のレトロな様式を残したまま、歴史を感じさせる趣深い場所だ。その大階段を客席にして、夏の風物詩「怪談」を楽しもうというわけだ。イベントは7月27日、8月4日の2回開催。一龍斎貞友氏による公演を楽しめる。

6月20日から7月3日までの期間中、1レシート税込み3,500円以上の買い物をした人が応募用紙をゲットできる。抽選で各回合計35人が招待される。当選者には電話で連絡が来るとのこと。

あなたにおすすめ