最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

須藤凜々花「観覧車でベロチュー最高っす」 中井りかとの炎上アイドル対談が実現

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(©ニュースサイトしらべぇ)

13日深夜の『AKB48のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)にて、「総選挙直前、クセがすごい緊急対談SP」が放送された。

この放送には、元NMB48の須藤凜々花がゲスト出演。この日のパーソナリティを務めたNGT48中井りかとの「炎上アイドル」同士による初対談が実現した。

■「狂犬」中井のはるか上を疾走する須藤


ご存じの方がほとんどだと思うが、念のため経緯を説明しておこう。須藤は昨年のAKB48選抜総選挙で20位にランクイン。その受賞スピーチにて前代未聞の「結婚宣言」を放ち、世間を大いにざわつかせた。

本来であれば投票してくれたファンに感謝の気持ちを伝える場で、考え得る限りで最悪手と言ってもいい「裏切り発言」に踏みきった須藤。

「それに際し怖じ気づいたりはしなかったのか」と、自身も「炎上アイドル」としての評価が定着している中井が疑問を呈す。

これに対し須藤は、「ためらいは全くなかった」と明言。「どう言ったら伝わるかだけを考えていた。実際、全然伝わらなかったんですけど」と自虐的に回想する。

「言う前に、竹中(優介/TBSプロデューサー。当時須藤の冠番組を担当)さんの顔を見て『やべ、これで卒業するんや。じゃあ番組なくなるやん、ごめーん!』ってなって。でもまあ、言うと決めたからしょうがない」と当時の心境を振り返った。

■須藤、総選挙での「あの発言」の真意を語る


すると中井から「お金をかけて応援してくれたファンがいるっていうのが一番の問題だった」と、全ファンの思いを代弁。「総選挙という場所で、応援してくれたファンの人の前で言うのは私でも無理かな」と自己分析する。

しかし須藤は「絶対ビジネスにさせられると思ったんですよ」と猛反論。

「総選挙で言わないと、(結婚というネタを)誰かに利用される。生放送で検閲なしの場面が唯一そこしかなかった。だからこそ総選挙という場で、応援してくれる人に(自分の言葉で)言いたかった」と明かした。

あらかじめスタッフに結婚について相談してしまえば、間違いなくそれをビジネス的に最大限利用するための施策が執られてしまう。須藤はそれこそがファンへの裏切り行為になると考え、これを避けたかったのだと熱弁した。

■「コソコソする恋愛はクソ」


須藤は実際に現在の夫と恋人関係になった際、さすがに葛藤を抱えていたそう。

「やべ、付き合っちまったけど、冠番組とかもあるし、どうしようどうしようって。仕事もプライベートもどっちも大事で、優劣を付けるのがひどいことだと思ったんです」と吐露。

「そしたら、もっとひどいことをしちゃった」と言うように、結果的にはセンセーショナルな結婚発表という「最悪の事態」につながってしまったのはご存じの通りだ。

すると須藤は、こうなってしまったものはもう取り返しがつかないとでも言うかのごとく「コソコソする恋愛なんてクソですよ!」と急に声を上げて開き直る。

「堂々と観覧車でするベロチューは最高ですよ!」と生々しい表現で言いきってみせた。








■世間はアイドルの恋愛に寛容


「ガチ恋勢」と呼ばれるような熱狂的なファンはさておき、アイドルファンではない一般の国民は、実際のところそこまでアイドルの恋愛に厳しくはない。しらべぇ編集部の調査で判明している。

(©ニュースサイトしらべぇ)

6割以上の人が「アイドルの恋愛禁止はやめてもいい」と答えており、アイドルという存在が「みんなの恋人」だった時代はすでに終わり始めていると見ていい。

かつて雲の上の存在だったアイドルだが、現代アイドルはもっと庶民的だ。握手会などで直接触れ合う機会も多く、「1人の人間」として見ているファンも多い。偶像ではなく人間であるならば、それは単なる容姿端麗な若い女の子に過ぎない。

いわゆる「若い女の子」にとって、恋愛は至って自然な精神活動だ。むしろそれこそが本業であると言ってもいいくらいである。

■「大手事務所の男と付き合ってます」


トークが十分に暴走したところで、軌道修正が図られ話題は総選挙に。中井が「炎上アイドルとしての自分を求められすぎていて、スピーチで何を言ったらいいか分からない」とガチの悩みを告白する。

これに須藤は「『大手事務所の男と付き合ってます』と言えばいい」とさらりとアドバイスし、「炎上の先輩」として貫禄を見せつけた。

実際問題、AKB48選抜総選挙は昨年の須藤の一件が発端となって、一種の「大喜利大会」に突入するのではとの見方もある。誰がどのタイミングでどんな突拍子もないことを言い出すかに注目している層は、決して少なくない。

言うまでもなく、それを一番期待されているのは中井だ。本人は「ハードルを上げるな」と再三表明しているが、それでも一応期待はしておこう。

・合わせて読みたい→須藤凛々花の結婚騒動に武井壮が激怒 「ファンは何のために投票したんだ」

(文/しらべぇ編集部・ナカニシキュウ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年7月14日~2017年7月17日
対象:全国20代~60代の男女1.342名(有効回答数)

外部リンク(しらべぇ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス