最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

不妊クリニックが言わない「顕微授精」のリスク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


「妊活」に関する素朴な疑問を、産婦人科医の黒田優佳子先生に聞くシリーズ3回目です。黒田先生は『本当は怖い不妊治療』(SB新書)の監修者で、臨床精子学研究の第一人者でもあります。

前回は、不妊治療に用いられる技術「生殖補助医療」に①人工授精 ②体外受精 ③顕微授精の3つの手技があることを紹介しました。今回は、現在の生殖補助医療の8割を占めている「顕微授精」について解説します。

顕微授精は、体外に取り出した卵子に、人為的に極細のガラス針で一匹の精子を穿刺(せんし)注入して授精させる手技ですが、どのような精子を注入しているのでしょうか?

また「穿刺(せんし)」とは、体外から血管、体腔、内臓に針を刺すこと。よく不妊治療のニュースの映像や写真で見るように、顕微授精では卵子に針を刺すことになります。穴が開いても大丈夫なのでしょうか?

◆精子の異常を発見できないクリニックも多い

Q:多くの不妊治療クリニックで、「精子の状態がよくない」ということで、すぐに顕微授精を勧められるご夫婦が多いとのことですね。顕微授精は本当に安心して受けてもいいのでしょうか?

黒田先生(以下、敬称略):実は、顕微授精は精子の状態が悪い方には不向きな治療であることも事実なのです。現行と逆のことを申し上げましたが、この点を理解していただくために、「顕微授精のメリットとリスク」を説明します。

実験動物の精子においては、泳いでいる「運動精子=良好な精子」と考えていただいて差し支えありません。一方ヒトでは、元気に泳いでいる精子であっても様々な機能の異常を持つ不良な精子である場合が多いので、単純に運動精子が良好な精子という訳にはいきません。

しかも その異常の多くは、一般的な不妊施設が持っている顕微鏡では、確認できない場合が多々あります。それにもかかわらず治療の現場では、「運動精子=良好な精子」であると信じ切って、顕微鏡下に運動精子を一匹選択して、卵子に注入しているのです。つまり、不良で異常な精子が顕微授精に用いられている可能性を否定できません。

見栄えの良い元気そうな精子でも、顕微鏡で見えない機能の異常が潜んでいる可能性も多々あります。ですから、現状の精子選択の基準は不適切で、何らかの異常のある精子を穿刺注入している可能性もある。そこにリスクが無いという保証はありません。

黒田:顕微授精が不妊治療の現場に登場した当初は、必要な精子が一匹でよいことから、極端に精子の状態が悪い方を対象とする手技として導入されました。ところが現実には、高い受精率を得られる手技であることから、精子の状態の良い方にも用いられるようになり、顕微授精の適応が安易に拡大しました。その結果、現在では不妊患者の80%に適用されるまでになっています。多くの不妊治療施設が報告する高い妊娠率には この方々が大きく貢献しています。

今後、顕微授精による妊娠率を精子の機能の異常別に厳密な統計を取ってまとめると、「機能の異常精子」の比率が高い方の妊娠率は極めて低いことが明確になります。これは、「顕微授精は精子の状態が悪い方には不向きだ」ということを意味しています。冒頭でも申し上げたとおりです。

また一方で、顕微授精で生まれてくる子どもは当然健常であると説明されてきましたが、リスクがない医療介入は存在しません。顕微授精だけが例外ではありません。実際のところ、欧米では、顕微授精で生まれた子どもには先天異常が多いことを述べた論文が多数報告されています。

大事なことは、「精子にどのような異常がある時は妊娠しないのか」、もしくは「妊娠しても生まれた子どもに異常が出るのか」、ということを明確にすることです。この点は、現状ではほとんどわかっていません。今後は。「精子の機能異常別の妊娠率」を厳密に出すことが、たいへん重要であると申し上げたいのです。

◆リスクを知ったうえで選択を

Q:アメリカ疾病対策予防センターの調査をもとにした研究で、生殖医療で生まれた子どもは、通常に比べて自閉症スペクトラムになるリスクが2倍――といった論文がありました(※)。日本ではなかなか耳にしませんが、本当はどうなのでしょうか。

黒田:顕微授精のリスクに対する認識は、欧米では定着している一方で、日本においてはその危機管理意識が極めて乏しい現況です。先程も申し上げましたが、欧米では、顕微授精児の先天異常率が自然妊娠に比べて高いことを述べた論文が多数報告されています。

また日本でも、厚生労働省が「生殖補助医療による出生児に関する大規模調査」を行い、人工操作(顕微授精・長期体外培養・胚凍結)を加えるほど、出生時体重が増加することを報告しました。この点に関しても詳細は不明ですが…心身ともに健康に大きく生まれているのなら問題ないのですが、そうではなくて、遺伝子の発現を調節する仕組みに異常が生じた結果である可能性が指摘されています。

しかし、日本における顕微授精の危機管理意識は極めて低い現況にあります。

Q:現在、不妊に悩んでいて、これから不妊治療を受けようと考えているカップルに、顕微授精を受ける際のアドバイスがあれば教えてください。

黒田:この記事で繰り返し述べたように、一般に「精子の状態が悪いから顕微授精しかありません」…と説明されていますが、私が専門とする精子側から見ると この説明では不適切です。

安全な顕微授精をするには、精液の段階では精子の状態は極めて悪かったが、高精度な方法で精子を選別して細かく精子機能の精密検査を行った結果、この精子ならば穿刺しても安全だと判断された場合で、しかもほんの極少数しか確保できなかった場合に限られます。

精子の状態が悪いから即、顕微授精しましょう…ではなく、まず精子機能の精密検査を受けて、精子の品質が顕微授精に用いても安全なレベルか否かを見極めてから、治療方針を決定することをお薦めします。

*******

「医療介入が100%安全である」と言い切れないことは解っていましたが、私が「顕微授精にリスクがある」と知ったのは2015年のことでした。

ところが、なぜか厚生労働省はもちろん、日本産科婦人科学会でも、また日本の多くの不妊治療を専門に行っている医療機関でも、顕微授精のリスクをほとんど伝えていないのが現状です。

取材を進めていくと、「顕微授精は安全でリスクはありません。それよりも顕微授精で生まれた子ども達の運動能力はいいですよ」など、取材の質問の趣旨と異なる回答が返ってきたことがありました。

しかし、黒田先生のような精子の専門家の見解から判断して、顕微授精にトライするかどうかをご自身が決めなければならないでしょう。

不妊治療の色々な情報がある中で、健康な赤ちゃんを授かるためにも、親となる夫婦側も正しい知識を身に付けていくことが大事ということです。

また、不妊治療のゴール=出産ではありません。生まれてきてからの方が大切なのです。生まれてくる赤ちゃんが健康に、幸せに生きていけることも同時に考えていくべきではないでしょうか。

※●アメリカの権威ある学術誌「American Journal of Public Health」(2015年5月)に掲載された論文「生殖補助技術と自閉症の関連性」。コロンビア大学のピーター・ベアマン教授がアメリカ疾病対策予防センターによる大規模な疫学調査をもとに行った研究。

●また、米医学誌『JAM』(2013年7月3日)に掲載された論文では、スウェーデンで出生した250万人を10年間追跡調査した結果、顕微授精は体外受精に比べて、自閉症や知的障害リスクが高まることが報告されている。

【黒田優佳子(くろだゆかこ)医師】

医学博士。慶應義塾大学医学部、同産婦人科学教室大学院卒業。ヒト精子研究の第一人者。東京大学医科学研究所研究員、女性初の慶大産婦人科医長を経て、2000年 自身の基礎研究に基づいた最先端の知識と技術を駆使した不妊治療を実現するため、独立。現在、黒田インターナショナル メディカル リプロダクション院長

<取材・文/ジャーナリスト・草薙厚子>


外部リンク(女子SPA!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス