最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

実写映画『銀魂』続編タイトルは『銀魂2 掟は破るためにこそある』に決定!「真選組動乱篇」と「将軍接待篇」の融合した物語が展開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

8月17日(金)公開の映画『銀魂2(仮)』の正式タイトルが『銀魂2 掟は破るためにこそある』に決定。あわせてストーリーとビジュアルの一部が解禁された。

『銀魂』は、累計発行部数5,500万部を超える空知英秋氏原作による同名コミックの実写映画化作品。宇宙から襲来した天人(あまんと)が権勢をふるう江戸を舞台に、万事屋を営む坂田銀時(小栗旬)や、剣術道場の跡取り・志村新八(菅田将暉)、夜兎族の神楽(橋本環奈)らがさまざまな事件に遭遇する“SF人情なんちゃって時代劇コメディー”。脚本・監督はドラマ『勇者ヨシヒコ』シリーズの福田雄一氏が務め、劇場公開時の最終興行収入は38.4億円を記録している。続編となる『銀魂2(仮)』には、小栗、菅田、橋本の3名が前作と同じ役どころを演じ、福田組常連の佐藤二朗が役柄不明のまま出演することが明らかになっていた。さらに、長澤まさみが新八の姉・妙役、岡田将生が桂小太郎役、中村勘九郎が近藤勲役、柳楽優弥が土方十四郎役、吉沢亮が沖田総悟役、ムロツヨシが平賀源外役、そして、新キャスト・キムラ緑子がお登勢役で登場。鬼兵隊の頭領・高杉晋助役で堂本剛が出演することがわかっている。


『銀魂2 掟は破るためにこそある』で実写化されるエピソードは、『銀魂』原作でも屈指のアツい「真選組動乱篇」と、笑える「将軍接待篇」を融合したものになるとのこと。福田監督は「1作目のお客さんの感想を読んだときに、面白くてカッコよくて感動できてっていうのが『銀魂』に求められていることなんだと気づき、それで、将軍を接待する話と『真選組動乱篇』を合体させることを思いつきました」とコメントしている。

映画の物語は、前作同様かぶき町の便利屋“万事屋銀ちゃん”を中心に展開する。金欠で家賃も払えない万事屋の三人がバイトを決意するが、その行く先々で「将ちゃん」こと14代征夷大将軍・徳川茂茂と遭遇。同じ頃、幕府の特殊警察・真選組で内紛が起き、局長の近藤勲らが隊結成始まって以来の危機に迫られる。やがて、物語は将軍をも巻き込んだ大騒動へと発展していく……というもの。

新たに解禁されたビジュアルでは、新キャラクター5名のシルエットが明らかに。原作に登場する真選組、鬼兵隊のキャラ、ドMの始末屋、将ちゃんと思しき姿を確認できる。キャスト情報は6月末に解禁予定だ。

なお、「掟は破るためにこそある」は原作「真選組動乱篇」のサブタイトルから引用。原作では“掟”と書いて“ルール”と読むが、「これまでの常識を覆す作品作りで大成功した実写『銀魂』は、続編でも“掟を破る”映画製作を目指している」ことから、実写『銀魂2』では掟(おきて)と読むとのこと。4月に公開された特報映像の終盤には、桂の右腕・エリザベスが「掟破り」とのプラカードを持って登場していた。この時点で、ストーリーにつながるヒントをチラ見せしていたようだ。

映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』は8月17日(金)より全国公開。

外部リンク(SPICE)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

アニメ・マンガ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス