「詐欺だろ!」「ギリギリセーフ!」ランチご飯おかわり自由の中華料理店で、会計時に?

grape

2018/6/14 04:00


※写真はイメージ
ランチタイム!

※写真はイメージ

弁当を持参していない会社員にとって、お昼時の外食は毎日のこと。「何を食べようかな」と楽しみにしている人もいれば、「混んでてイヤだな」と面倒だと感じる人もいるでしょう。

一方で、ランチタイムは店にとっても重要な時間帯。

お得な日替わりメニューを用意したり、ドリンクが無料で付いたりとさまざまなサービスを展開しています。

おかわり自由だけど有料?

ある日のランチタイム、中華料理店に入った、カロリー原チャ(@gassy_t)さん。

そこには、こう書かれていました。

ランチご飯おかわり自由!

お腹が空いていた、カロリー原チャさんはホイコーロー定食を注文し、おかわりを3回します。

※写真はイメージ

食べ終わったカロリー原チャさんは、店を出ようとレジへ…。

すると、店員は「ホイコーロー定食とライス3杯で…」と、『おかわりぶん』の料金まで請求してきました。

不思議に思ったカロリー原チャさんが「おかわりは無料では?」と尋ねると…。

『自由』とは書いているけど、『無料』じゃないです!

トンチのような答えが返って来たのです!

一連の出来事をツイートした、カロリー原チャさんは最後をこんな言葉で締めくくりました。

二度と行かない!

この怒りに対し、「これはヒドいなぁ」「ほとんど詐欺でしょう」と、多くの共感の声が寄せられます。

一方で少数ながら「ギリギリセーフでは?」といった声も…。

確かに「ご飯おかわり無料」とは書かれていませんが、わざと客を勘違いさせるような書きかたには違和感を覚えます。

『ランチご飯おかわり自由』などという紛らわしい書きかたで一時的な利益を得ても、「長い目でみれば損をするのは店側なのでは」という気がしてなりません。


[文・構成/grape編集部]

あなたにおすすめ