お金が自然と増えていく「貯金体質」の身につけかた

カフェグローブ

2018/6/14 05:15

shutterstock_1033329697

節約を意識して生活しているのに、貯金がなかなか増えない人は少なくありません。「安いから買いだめよう」と特売品にふりまわされると、ついムダなものまで買ってしまって逆効果に……。

お金をつかうルールを意識すれば、貯金は自然と増えていきます。ライフハッカー[日本版]の記事を参考に貯金体質を身につけて、お金を増やす近道を一気に駆け抜けましょう。

投資を活用して貯金でラクする


貯金体質を身につける前に、投資を活用すると貯金がラクになることを覚えておきましょう。

投資と聞くと、難しくて手がだせない印象をもつ人がとても多いです。投資ですから元本割れ(預けたお金が減って返ってくる)の可能性もあります。

リスクが低い投資信託であれば、初心者でも安心してお金を運用できるでしょう。プロが堅実に資金を運用してくれる「インデックス型投資信託」というものもあります。

貯金体質になるファーストステップ


貯金体質を身につけるには、お金のつかいかたの見直しからはじめましょう。記事の中で、家計再生コンサルタントの横山光昭さんは、貯金体質になるファーストステップを次のようにまとめています。

1.お金が減るつらさを実感する


支払いを現金ですることで、ムダな出費の痛みを感じられるようになります。クレジットカードは便利ですが、気軽にお金を払ってしまうので注意が必要です。

2.必要以上の買い物はやめる


特売品やまとめ買いで、必要以上に買い物をすることは避けましょう。食品などはもちろん、洋服や家具、家電など、買い物全般に共通してもっておくべき節約意識です。

3.欲しいだけなら、ひと呼吸


衝動買いは貯金体質の敵です。買いたいものに意識を奪われてしまったら「本当に今、必要なの?」と自分に問いかけてみましょう。

固定費を削れば貯金体質は加速する


「本当に必要なものを、必要な量だけ、現金で買う」が習慣になれば、貯金体質は身についています。さらに貯金を加速するには、スマホ利用料など毎月支払うお金を見直すことです。たとえば格安SIMに変更すると、月々の固定費が5000円以上安くなることもあります。

貯金体質を身につけて、軽い資産運用をする。これだけで、お金は少しずつ増えていきます。

ライフハッカー(日本版)

Image via Shutterstock

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス