「ラストアイドル」ファミリー、“サマステ”トップバッターで夏の屋外ライブ初挑戦

テレビドガッチ

2018/6/14 05:00

テレビ朝日・六本木ヒルズ全域を舞台とした大型イベント『テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION』が、2018年7月14日(土)から8月26日(日)までの期間で開催。その目玉イベントとして、毎年好評の「コカ・コーラ SUMMER STATION 音楽LIVE」も、7月14日(土)~8月19日(日)の期間、豪華アーティストが日替わりでフリーライブを行う。舞台となるのは六本木ヒルズアリーナに特設された、約1000人収容可能な特設ステージ「SUMMER STATION LIVEアリーナ」で、そのトップバッターとして『ラストアイドル』ファミリーの出演が決定した。

『ラストアイドル』とは、AKB48グループ、坂道シリーズなどトップアイドルたちの総合プロデュースを数多く手掛けてきた秋元康も、新たな大型アイドルグループをプロデュースすべく立ち上げた前代未聞のサバイバルオーディション番組『ラストアイドル』(毎週土曜24:10~※一部地域を除く)から登場した同名のユニット。毎週繰り広げられる壮絶な“入れ替えバトル”がすさまじい反響を巻き起こし、ファーストシーズン(2017年8月~12月)では、勝ち残った7名が「ラストアイドル」(※現在は「LaLuce(ラルーチェ)」に改名)としてメジャーデビューしている。さらに、元暫定メンバーや敗北した挑戦者により構成された「Good Tears」「シュークリームロケッツ」「Someday Somewhere」「Love Cocchi」という5つのユニットが誕生した。

続くセカンドシーズン(2018年1月~3月)では、秋元に加え、織田哲郎、小室哲哉 指原莉乃、つんく♂という超大物プロデューサーたちと5ユニットがタッグを組んでバトルを展開し、秋元がプロデュースを手がけた「シュークリームロケッツ」が見事、表題曲を歌う権利を獲得。セカンドシングル「君のAchoo!」はオリコン週間ランキング第2位を記録するなど、その勢いは止まらない。

2017年夏はまだ“暫定メンバー”として熾烈な入れ替えバトルに挑んでいた第1期生。彼女たちにとって、今年はユニットが決定して“初めての夏”。もちろん夏の野外ライブは初体験となる。そして、このライブでは、急遽8月1日(水)に発売が決定された3rdシングル表題曲のパフォーマンスを初お披露目。今作の表題曲はバトルではなく、1期生全員参加の楽曲だが、果たして、どんなステージを見せてくれるのか?

ファミリーを代表してスタッフからライブ決定をサプライズで知らされた「シュークリームロケッツ」の3人は「やったね!」「スゴーイ!」と大興奮。それぞれ笑顔で意気込みを語った。

[松本ももな]
アリーナライブの出演が決まって、ものすごくうれしいです。憧れのステージでもあったので、『ラストアイドル』ファミリーみんなで立たせていただけるのもうれしい。見に来てくれたみなさんに楽しんでもらえるような熱いライブができたらいいな。私たちのパワーで最高の夏になったな、と思ってもらえるように精一杯がんばります。

[小澤愛実]
昨年、まだ初期の暫定メンバーとして戦っていたときに、お母さんとこの“サマステ”に来てアリーナのステージを外側から見ていました。自分もいつかこんなステージでパフォーマンスできたら幸せだろうなと勝手に妄想していたので、それが現実になってうれしいです! 夏の野外は盛り上がるので、ものすごく楽しみですね。今までバトルばかりやってきて、みなさんにとって私たちラストアイドルファミリーはシリアスな印象をもたれているかもしれませんが、この夏、皆さんと一緒に盛り上がれたら楽しいな!

[長月翠]
私は、夏のお昼の六本木が好き。ジメジメと暑いのに皆、涼し気な顔をしているのを見ると、「都会だなぁ」とグッとくるんです。昨年、まさにそんなことを感じていたときに開催されていた“サマステ”のアリーナライブに出演できるなんてすごくうれしい。自分も“涼しい顔”をして頑張りたいですし、『ラストアイドル』ファミリーで過ごす初めての夏なので、皆で盛り上がって、ますますよいファミリーにしたいなと思います。ステージでは、ファミリーの全22人で歌う新曲を披露します! まだ私たちも全貌を知らないのですが、きっと夏にぴったりな曲だと思うので楽しみです。私たちにとっても熱い夏にしたいし、遊びに来てくれた皆さんの楽しい思い出になるよう頑張ります。

なお現在、『ラストアイドル』第1期生は新プロジェクトとして、『AbemaTV GOLDch』にて放送中の『ラストアイドル in AbemaTV』(毎週日曜、19:00~)に出演中。セカンドシーズンにて繰り広げられた伝説のプロデューサーバトルの第2弾として、秋元、後藤、指原、近田春夫、つんく♂といった豪華プロデューサーとユニットがそれぞれタッグを組み、シングル表題曲をかけて過酷なバトルを展開中だ。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス