最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ひょっこりはん、ネタBGMの“著作権問題”を謝罪「解決に進んでいます」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「よしもとオススメ芸人2018 お披露目会」が13日、都内で行われ、お笑いコンビの尼神インターらが出席した。

今年の学園祭を盛り上げるため、学園祭実行委員を招きよしもと所属のオススメ芸人を紹介するこのイベント。尼神インターやジョイマンなど6組がネタを披露する中、最後に登場したピン芸人のひょっこりはん(31)には違和感が。

「ひょっこりは~ん」の呼び声で顔を出したのは、本物のひょっこりはん。風貌が似ているという理由でモノマネをしている先輩芸人の風亀丸いわしてんぐ(35)に対し、とろサーモンの久保田かずのぶ(38)は「あまり他人の芸事に便乗してお金を稼ごうとしたらアカン」と一喝。一方、「ところで大丈夫ですか、BGM問題は」と話を振られたひょっこりはんは、しどろもどろになりながら「お騒がせしてすみませんでした」と謝罪した。

 ネタ中のBGMが著作権侵害に当たると抗議されて以来、初めての公の場に登場したひょっこりはん。今後については「問題は解決に進んでいますので、新しいBGMもいっぱい作ってこれから頑張っていこうという。よろしくお願いします」と語った。

(AbemaTV/『AbemaNews』より)

▶ 緊急ニュースやエンタメ情報、話題の動画はコチラ

外部リンク(AbemaTIMES)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

エンタメ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス