晴の音へのバッグハグに視聴者ときめく「花のち晴れ」【視聴熱TOP3】

ザテレビジョン

2018/6/13 20:16

webサイト「ザテレビジョン」では、6月12日の「視聴熱(※)」ドラマ デイリーランキングを発表した。

1位「花のち晴れ~花男Next Season~」(毎週火曜夜10:00-11:07、TBS系)61122pt

6月12日に第9話を放送。何者かに襲われた音(杉咲花)は、天馬(中川大志)に晴(平野紫耀)にも報告すべきだと言われる。だが、音はめぐみ(飯豊まりえ)との初デートを控える晴に言い出せなかった。そんな中、事件を裏で操っていた犯人を知った音は、天馬がすぐに信じてくれなかったことにショックを受ける。

音を信じない天馬に晴が「合ってようがはずれていようが、好きな女が言ってること信じなくてどうすんだよ!」と一喝。そして、いったんは去った晴が泣いている音の元に戻り、家まで送る間に「1分だけ…」とバックハグ。さらに、本当の気持ちに正直になった晴は天馬に「俺はあきらめない」と宣戦布告した。“ヘタレ”だった晴のストレートな気持ちが爆発したシーンが満載で、多くの視聴者がもん絶。あまりのかっこよさに「恋に落ちた」との感想が続々と上がった。

2位「シグナル 長期未解決事件捜査班」(フジテレビ系)16307pt

6月12日放送の第10話で最終回を迎えた。兄・亮太(神尾楓珠)を何としても助けたい健人(坂口健太郎)は、大山(北村一輝)に危険がおよぶことを覚悟のうえで、過去を変えるため、美咲(吉瀬美智子)の前で無線機を取り出す。健人は、驚く美咲にこれまでに起きた不思議な出来事をすべて打ち明けた。

大山を助けるための捜査中に撃たれてしまった健人。その頃、過去では大山が死を免れ、健人の未来も変わった。行方不明になっていた大山が病院にいる様子が映し出されるラストに、SNS上では「モヤモヤする」との声もあったが、視聴者の想像に任せる終わり方で締められた。

3位「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)15715pt

6月2日に最終回・第7話を放送後もファンの応援が続く異例の盛り上がりとなっている「おっさんずラブ」。12日は主人公・春田を演じた田中圭が自身のオフィシャルサイト「田中圭MOBILE」のブログを更新。会員だけが見られる有料コンテンツとなるが、本作をきっかけに登録したファンも多く、その内容に感激したとのコメントが上がった。

また、春田に恋をした黒澤(吉田鋼太郎)の誕生日が6月13日ということで、日付けが変わった瞬間から「#黒澤武蔵誕生祭2018」とのタグをつけた祝福が続々と。フォロワー51万人を突破した“裏”公式Instagram「武蔵の部屋」にも祝福が寄せられている。ちなみに、生年月日は劇中に映された離婚届に記載されていた。

webサイト「ザテレビジョン」の「視聴熱」ページでは、4~10位のランキングやバラエティーランキング、またウィークリーランキングも発表している。

※SNSや独自調査を集計、今熱い番組・人物・コトバからテレビの流行に迫る新指標(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/150578/

あなたにおすすめ