最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

アイライン下手すぎ…? 脱「ケバすぎオバサン」、ナチュラルに描く3つのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


「アイラインを描くと、どうもケバくなってしまう……」と頭を悩ませている40代女性って、意外と少なくありません。

しかし若い頃と比べれば、自分比で目元の印象が弱くなってくる年代でもあるだけに、アイラインをデイリーメイクの味方につけないのって、すごくもったいない!

「アイラインのさじ加減がわからず、ついに描かなくなりました」な40代女性のみなさま、ジメジメ梅雨の毎日、いかがお過ごしでしょうか。時短美容家の並木まきです。

時短美容家として活動する私のもとにも「アイラインの選び方がわからない」「アイラインを描きたいけど、派手になってしまって」などのお声が、しばしば40代女性からも寄せられています。

そこで今回は「アイラインが下手」を自認する方でも、派手すぎずにちょうどいい塩梅のアイラインがスルスル書けるようになる、ちょっとしたコツをお話します。

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら( https://otonasalone.jp/32078/ )

ちょっとしたコツ1:ペンシルのジェル状アイライナーを使う




リキッドやペンシルのアイライナーを愛用していたのに、年齢を重ねてから“アイライナー離れ”してしまう理由に「ラインがブレちゃう」や「ヨレちゃう」を挙げる女性も、そこそこ多くいらっしゃいます。

思ったように線が描けないと、お直しする手間も面倒ですし、見た目にも美しくなくなることから「アイラインは使わずに、アイシャドウだけでいいわ」ともなってしまいがち。

そして私たちのまぶたは、加齢によって“たるみ”が出てきたりシワ感が増したりしてくるため、若い頃と同じ加減だと、どうしても上手なラインが描きにくくなってしかり……なのです。

そこで便利なのが、ペンシルのジェル状アイライナー。ジェル状のアイライナーはたるんだりしぼんだりしている皮膚にも芯が柔らかいことからしっかりと色付けしやすく、さらにペンシル型ならばブラシなどを使って描くよりも手軽なので、デイリーメイクに取り入れやすいはず。

本当に“ちょっとしたこと”なのですが、アイテムの形状を見直しただけで「アイラインが描きやすくなった!」と感激なさる女性も、結構いらっしゃるのです。

ちょっとしたコツ2:ブラックを使い、思い切ってインサイドラインのみ描く




ブラックのアイラインは目元に加えると、一瞬で華やかな顔立ちに演出してくれる便利な存在。

しかしその“華やかさ”がアダとなり、オフィスメイクやデイリーメイクでは「派手すぎる」「ケバすぎる」の自己評価につながっていらっしゃる女性も少なくないのが40代です。確かに、顔に“くすみ”や“色ムラ”など年齢が出始めているところにブラック系のアイラインを加えると、一気に派手すぎて“必死な雰囲気”になりやすいのも大人女性の実情。

そこでブラック系アイラインの便利な使い道が、“インサイドライン”だけに仕込んでしまう方法です。具体的には、一般的な「アイライン」としての定番である“上まぶたのキワライン”はあえて描かず、まつ毛の内側ギリギリのキワのみに細く仕込んでいく描き方。

この方法だと、さりげなく目元を主張できるので、ぼやけていた目まわりに“ちょうどいい塩梅”のインパクトを演出しやすいのです。

ちょっとしたコツ3:ブラウンを選ぶなら、リキッドだけで仕上げてみる




「ブラックだと強すぎるから、ブラウンで」と、ナチュラル仕上げを意識してアイライナーを選んでいるのに、仕上がりが「いつもケバい!」にお心当たりがあるならば、描き方を見直してみるタイミング。

他方こんなケースでは、アイラインは滲みやすかったり目尻だけが落ちやすかったりするために、アイシャドウとサンドイッチするように、何層にも重ねてメイクを仕上げたていらっしゃる40代女性も少なくありません。

しかしこれだと、せっかく“ブラウン”を使っても、色が幾重にも重なることによりブラック並みのインパクトになってしまいがち。

せっかく「ふんわり系」を目指しても、やけにアイラインばかり主張してしまうわけです。

いくつものアイライナーを駆使した目元は、パーティメイクや写真映えを狙う日には重宝だけれど、デイリーのメイクではやや華やかになりすぎる点は否めないため、思い切ってデイリーではリキッド一択に。

「ブラウンはただでさえ色が弱めだから、何層にもしないとボヤけそう」と思っていらっしゃるかもしれませんが、“ふんわりナチュラル”かつ“ちょうどいい塩梅のインパクト”を手早く狙うなら、下描きは省略しリキッドアイライナーだけでも十分だったりします。

「まっすぐに描きたくても、ヨレてしまう」「ちゃんと描こうと思うと、派手になりすぎる」などの理由から、40代になってから“アイライン離れ”してしまう女性も少なくありませんが、個人的にはこれってとてももったいないお話だと思います。

昨今は優秀アイテムがプチプラでもあふれていますし、ボヤけがちな目元をほどよく引き締め、派手になりすぎない程度の“塩梅”は、コツさえ掴んでしまえば自在に演出できます。

「このところ、アイラインから離れていた」な方は、ぜひ明日のメイクからは若い頃とは違ったポイントを意識しつつ、“アイライン再デビュー”なさってみて。

■知らなかったテクがある!「時短美容のコツ」まとめは こちら( https://otonasalone.jp/32078/ )

外部リンク(OTONA SALONE)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ビューティ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス