ザ・チェインスモーカーズ、マイケル/ビヨンセ/ブリトニーらをカヴァーする一夜限りのライブを7/24に開催

Billboard JAPAN

2018/6/13 17:40



ザ・チェインスモーカーズが2018年7月24日、レイ・チャールズ、マイケル・ジャクソンブリトニー・スピアーズ、ビヨンセなど有名アーティストの楽曲をEDMテイストでカバーする一夜限りのライブを開催することが発表された。

アレックス・ポールとドリュー・タガートの二人は、【Pepsi Generations Summer Music Campaign】と題されたライブを米ロサンゼルスのハリウッド・パラディアムで開催するとAP通信に明かした。長年にわたる音楽のアイコン的存在の姿をペプシ缶に飾ることで敬意を表するというキャンペーンだ。

ライブではザ・チェインスモーカーズの「ローゼズ」、「クローサー」、「ドント・レット・ミー・ダウン」などのオリジナル楽曲も披露されるが、大物アーティストの楽曲をカバーする試みに二人は身が引き締まる思いのようだ。アレックスは、「僕たちはちょっと緊張してる。でも幸運なことに、みんな聴きたがるようなすごく人気のある楽曲は無限にあるからね。どうやって全部混ぜ込めばいいのか考え出せばいいだけだ。僕たちにとってクールな体験になると思う。自分たちのコンサートでレイ・チャールズを演奏することはあまりないから」と話している。

二人が毎年ハロウィンに披露しているマイケル・ジャクソンの「スリラー」だけはもう準備ができており、他にもビヨンセの「シングル・レディース」や「ラン・ザ・ワールド(ガールズ)」を演奏するだろうとドリューは明かしている。観客の反応が楽しみだそうだ。

彼は「これまではあまりやる機会がなかったことをするわけだけど、それが音楽を作ったり演奏したりする面白さだよね」と述べ、「今回はそれができる最高の機会なんだ。僕たちの世代……2世代分だね、で最も重要な音楽を作った人々の長いリストから選べるんだから」と語っている。

チケットは現地時間2018年6月13日から発売され、当日はサプライズ・ゲストも数名予定されている。公演はペプシの公式Twitterで生配信される。

あなたにおすすめ