最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

片寄涼太「王子が水戸に舞い降ります」“知名度バトル”で再び圧巻の記録!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
毎週日曜に放送中のレギュラー番組「GENERATIONS高校TV」(AbemaSPECIAL)の最新回が、6月10日に放送された。

10日は、GENERATIONS from EXILE TRIBEメンバーの認知度を検証する“指さされ王座決定戦”を開催。茨城・水戸駅で、制限時間3分以内に誰が一番早く一般の方に気付いてもらえるかで競い、片寄涼太が再び圧巻の記録でクリアした。

前回、千葉の海ほたるで同企画にチャレンジし、驚異の17秒というタイムをたたき出した片寄は「王子が水戸に舞い降ります」と余裕の表情で、チャレンジをスタート。

余裕の表情の片寄がランウェイ気分で歩道橋を歩いていると、早速駆け寄ってくる女性が。34秒というタイムで早々にクリアを果たした。

そんな片寄に、他のメンバーたちは思わず机をたたいたり、付けていたイヤホンを外す悔しい素振りを見せた。

そこで小森隼が、片寄に「指さされれてないから」と、いつの間にか提案された新ルール「指をさしてもらって成功」を指摘。すると、片寄は一旦別れたファンをもう一度呼び戻し、指をさしてもらって正式にクリアした。

■ 好きな先輩が大学生に…

また、高校生の悩みをSNSで募集し、解決策をメンバーが真剣に考える“GENE高生徒相談室”という新企画も。

女子高校生からの「同じ部活の2つ上の先輩が好きですが、今年大学に行ってしまいました。どうすれば後輩としてではなく、女の子として見てもらえますか?」という質問に、関口メンディーは「デートしないことには何も始まらない」とアドバイス。

佐野玲於から「メンさんはそういう後輩欲しかった?」と聞かれ、関口は「言われたことなかったから、そんなこと。言われたらうれしいんじゃないかな」と話す。

そして吹奏楽部で、サックスのパートリーダーを務めているという女子高校生からの「進路で1カ月休部したため、周りに付いていけず部活に行きたくない。

リーダーという立場上、練習メニューを考えたりまとめたりしなくてはならないのに、精神的にきつくなり体調が優れない毎日を送っている」という相談には、片寄が「シンプルに頑張れていた時期と、いろんなことを考えていてシンプルに頑張れなくなる時期がある」とコメント。

さらに、「自分が、何のために今まで頑張ってきたか立ち返ることが大事」と話し、「GENEだったら『もっともっと活躍していくために頑張ってるんだよな、これって』っていうとところに戻ってくる。

(キツくなった時は)何のために、あの時シンプルに頑張れていたんだろうっていうのを思い出すって大事だと思う」と真剣なアドバイスを送り、視聴していたファンから大きな反響が上がった。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/150459/

外部リンク(ザテレビジョン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

エンタメ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス