最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

思わず歌いたくなっちゃった!? セバスチャン・ベッテルが50勝目を挙げ、ドライバーズ・チャンピオンシップのトップに【2018年F1第7戦カナダGP】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年F1第7戦カナダGPがサーキット・ジル・ビルヌーブ(4.361km、周回数70周)で開催されました。

カナダGPの楽しみといえば、予選後にパドック裏手にあるボート会場でF1チームメカニック達が独自デザインのいかだでレースを繰り広げる「いかだGP」。今年はフェラーリを除く9チームに加えFIA、ピレリ、TEAM F1、FAN’S TEAM 、TEAM CANADA GPの14チームがエントリーしました。

レースより熱い(!?)戦いを制したのは、ウィリアムズ!  達成感いっぱいの表情でしたが、本番はこれからですよ~!!

39回目の開催となったカナダGPのポールポジションを獲得したのは、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)。

2番手バルテリ・ボッタス(メルセデス)、3番手マックス・フェルスタッペン(レッドブル)、4番手ルイス・ハミルトン(メルセデス)、5番手キミ・ライコネン(フェラーリ)、6番手ダニエル・リカルド(レッドブル)が続きます。

1周目、ターン5でカナダ出身のランス・ストロール(ウィリアムズ)がブレンドン・ハートレー(トロロッソ)に接触し、ハートレーのマシンの片側がウォールに乗り上げるという、背筋の凍るような出来事がありました。

コースに戻ったものの、ストロールと再び接触し2台ともリタイア。これにより、セーフティカーが導入されました。それにしても、マシンがひっくり返らなくて本当によかった……。

5周目にレースが再開すると、大きな混乱もなく順調に進んでいきます。

16周目、上位勢で最初に動いたフェルスタッペンとハミルトンがスーパーソフトタイヤに履き替えました。

さらにその翌周、猛プッシュしていたリカルドもスーパーソフトタイヤに交換し、ハミルトンをオーバーカット! ハミルトンの前でコースに戻ったことを確認したリカルドは、「これがやりたかったんだ!」と無線で喜びを爆発させます。

32周目、ライコネンがピットイン。同じくスーパーソフトタイヤに交換し、ハミルトンの後ろでコースに復帰しました。ファステストラップを刻みながら前を走るハミルトンに迫るも、なかなかオーバーテイクできません。

36周目にボッタス、さらにその翌周にベッテルがスーパーソフトタイヤに交換。この時点での上位勢の順位は、首位ベッテル、2番手ボッタス、3番手フェルスタッペン、4番手リカルド、5番手ハミルトン、6番手ライコネンです。

42周目、フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)のマシンが突然スローダウン。ガレージに戻るも、リタイアとなってしまいました。

300戦目の記念すべきグランプリだっただけに、この結果は残念でなりません(涙)。

サーキット・ジル・ビルヌーブはモントリオールのセント・ローレンス川のノートルダム島にあり、水と緑に囲まれた美しいサーキットです。そのため、セッション中に動物が飛び出してくることもしばしば。

フリー走行2回目にリス科最大の動物、ウッドチャックと衝突してしまったロマン・グロージャン(ハース)は、予選でマシントラブルのため最後尾スタートに。「ウッドチャックの祟りでは?」なんて言われていましたが、決勝ではウルトラソフトタイヤで48周走るという驚異のパフォーマンスを見せ、12位でレースを終えました。

これで祟り説はなくなったかな!?

レースは順調に進み、圧巻の走りでベッテルがポールトゥウィン! フェラーリがカナダGPで優勝したのは、同郷の大先輩であるミハエル・シューマッハの2004年振りとなりました。

そしてベッテルにとって50勝目ということもあり、よっぽど嬉しかったのでしょう。ウイニングラン中の無線で「タラッタラッタッタ~」と口ずさんだかと思えば(何の歌だったんだろう…笑)、何度も何度もジャンプしたり、フェラーリのフラッグを受け取って振り回したりと喜びを隠しきれない姿が最高でした。見ているこちらまで嬉しくなって、ニヤニヤしちゃいました。

レース後のインタビューでは

「パーフェクトなレースだった。ここにきて、このような素晴らしいレースができるなんて信じられないよ。たくさんのファンも集まってくれて、本当にありがとう」

と興奮気味に語るも、ドライバーズ・チャンピオンシップについては「まだまだ道のりは長いけど、良い感じだよね」と落ち着いた様子を見せました。

カナダGPを終え、ドライバーズ・チャンピオンシップポイントがベッテル121ポイント、ハミルトン120ポイントと順位が入れ替わりました。ベッテルが言うように、シーズンは3分の1が終わったばかり。これからの戦いが楽しみですね!

カナダGPリザルトは以下の通りです(ポイント圏内のみ)。

順位/No./ドライバー/チーム
1/#5/セバスチャン・ベッテル/フェラーリ
2/#77/バルテリ・ボッタス/メルセデス
3/#33/マックス・フェルスタッペン/レッドブル
4/#3/ダニエル・リカルド/レッドブル
5/#44/ルイス・ハミルトン/メルセデス
6/#7/キミ・ライコネン/フェラーリ
7/#27/ニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー
8/#55/カルロス・サインツJr/ルノー
9/#31/エステバン・オコン/フォースインディア
10/#16/シャルル・ルクレール/ザウバー

(yuri)

外部リンク(clicccar)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス