“男劇団 青山表参道X”、旗揚げ公演へ! 飯島寛騎「全員で力を振り絞って最高の作品に」

ザテレビジョン

2018/6/13 15:00

2017年11月に立ち上がった芸能事務所「オスカープロモーション」初の男性エンターテインメント集団・男劇団 青山表参道X。

彼らの旗揚げ公演となる「SHIRO TORA ~beyond the time~」が、6月14日(木)~17日(日)に東京・AiiA 2.5 Theater Tokyoにて上演される。

物語の舞台は、福島の名門男子校。廃部寸前の演劇部は、部活存続のため学園祭で最も輝いた部活に送られる賞“白虎賞”を目指していた。

そんな折、白虎隊を題材にした舞台を演じようと奮闘する彼らの前に突然、白虎隊がタイムスリップしてきて…という内容だ。

主人公を演じるのは「仮面ライダーエグゼイド」で主役を務めた飯島寛騎。

また、「牙狼」シリーズで主演を務めた、男劇団リーダーの栗山航、「獣電戦隊キョウリュウジャー」で注目を集めた、副リーダーの塩野瑛久、「仮面ライダーゴースト」主演の西銘駿ら「男劇団 青山表参道X」のメンバーたちが、演技はもちろん殺陣やダンス、歌など、全力のパフォーマンスを繰り広げる。

WEBサイト「ザテレビジョン」は、公演を数日後に控えた彼らの稽古現場に直撃!

演劇部部長の小野田陽斗を演じる飯島、白虎隊を演じる栗山と塩野に、現在の心境や作品について語ってもらった。

■ 旗揚げ公演直前!緊急鼎談

――旗揚げ公演「SHIRO TORA」が間もなく開幕しますが、今の心境はいかがですか?

栗山:男劇団の旗揚げということで、お客さんもどういう劇団なのか気にしながら見に来てくださると思うんです。僕はお客さんの期待を上回る作品になっていると感じているので、すごくワクワクしています。

塩野:最初は少ない稽古時間に加えて、内容も盛りだくさんなので、間に合うかなという不安もあって。でもそれだけ要素が盛りだくさんということは、お客様が飽きずに楽しんで見ていただけると思うので、反応が楽しみですね。

飯島:そうですね、僕も稽古時間が短かったので多少、焦りはあります。でも今は本番までの最終調整をいかに集中してできるかが、僕ら全体での目標。変えるところも多々あると思うので、微調整をこの数日間でしていきたいです。

――今回の舞台では、殺陣やダンス、歌など、さまざまなことに挑戦されていますね。

栗山:本当にやることが盛りだくさんで(苦笑)。男劇団全員で作り上げていくエンターテインメントって感じですね。

飯島:今回、ダンスと殺陣が混ざっているんですが、僕はそこが難しくて。肉体的に大変だなぁと感じました。

――飯島さんは主演ということでプレッシャーは感じられていますか?

飯島:主軸にはならないといけないな、とは感じています。1時間40分という短い上演時間の中で、いかに主人公の成長を表現していくのかを、すごく考えています。

――栗山さんから見て、後輩の飯島さんの演技や座長ぶりはいかがですか?

栗山:自我を出しながらも、僕たちからのアドバイスも素直に受け入れてくれて、実践してくれるので、柔軟性があるなと思います。

飯島:体は硬いですけどね(照)。

塩野:(笑)。今、栗山くんが言った通り、本当に素直なお芝居で、変に取り繕ってその役を生きようとしていないので、芯の部分を大切に持っているのだなということはすごく伝わってきますね。

■ 頼りがいのあるリーダー

――では、栗山さんの劇団でのリーダーぶりは?

塩野:いや、もうステキです!(大声で)

栗山:めっちゃ声張ってるやん!

飯島:(爆笑)。

塩野:いやいや、本当に頼りがいがありますし、僕は一緒にいてすごく落ち着く存在。何でも喋れるし、たまにはちょっとした愚痴や相談事も聞いてくれ、逆に聞いてきてもくれるので、僕としてはいい関係だと思っています。

あとは、「締めるところは締める」という団長なので、逆らうやつがいたらこの(栗山の)屈強な体で…。そういったところも含めて頼もしいです(笑)。

栗山&飯島:(爆笑)

――飯島さんにとって、男劇団を引っ張る先輩お二人の印象は?

飯島:劇団としての旗揚げ公演なので、僕らもそうなんですけど、特にお二人は絶対成功させなきゃという気持ちも強いと思うんです。

そういう面では、僕が主演ではあるけど、絶対支えなきゃな、という思いがありますね。

あとは筋肉がすごい! 2人ともすごくたくましいんです。

栗山&塩野:そこ?(爆笑)

――なるほど。その筋肉が舞台ではいかんなく発揮されそうですね!

塩野:いや、筋肉劇団じゃないですから! マッスルミュージカルをイメージしていません?

栗山:そのうち、胸をたたき始めたりして(笑)。

■ 他人にどう言われても関係ない

――劇中で登場する“白虎隊”は信念の男たちですが、自分たちの曲げられないポリシーや信念などはありますか?

飯島:僕は好きな趣味やファッションなどは、他人にどう言われても関係ないと思っています。例えば「それ変だよ?」と言われても、「いや、俺がいいと思っているからいい」というような。

誰も着ないような奇抜な服を着るのが好きで、自分の個性はつぶしたくないし、そこは曲げたくないと思っています。

栗山:僕は、「有言実行」ですかね。言ったことは絶対やるし、できないと思ったら言わない。うそをつく男にはなりたくないんです。逆にできないなと思ったら、諦めるのが早くて、その分、できることをやっていくようにしています。

塩野:(すごく悩んで)僕は、和食は絶対ご飯ってことですかね(笑)。

飯島:えっ…、ご飯は普通和食じゃないんですか?

塩野:いや、和食はご飯から食べるってこと(笑)。

栗山:白米からいく? 普通、味の付いたものから食べない?

塩野:(食い気味に)いやいや! 味の付いたものからいってしまったら、ご飯の甘みが失われるでしょ!? 僕、白米が好きなので。

栗山&栗山:(爆笑)。

飯島:みそ汁いってサラダいくとかの方が、バランスが良さそうですけど?

塩野:そっちの方がバランスいいと思うけど、僕はやっぱり米の甘みが好きなんです(笑)。

――(笑)。本作では、白虎隊が現代にタイムスリップしてきますが、もしタイムスリップするとしたらいつに行ってみたいですか?

栗山:僕は自分の未来に行きたいですね。「150歳まで生きたい!」ってずっと言っているんですけど、最終的に僕がどういう死に方をしているのか、最終地点を見てみたい。

結末を見ても中身がどうだったんだろうなと、想像しながら生きるのが楽しそうだなと思って。

塩野:僕は、自分が死んだ後を見てみたいですね。葬式に誰が来て、誰が泣いてくれるのか。でも絶対に見たところで、いいことはなさそうですけどね(笑)。

栗山:家族がめっちゃお金(遺産)の話をしているとかね(笑)。

塩野:それでも見てみたいんですよ。それを先に見られたら、自分のために泣いてくれた人を大切にできるかなと思うので。

飯島:二人が未来って言ってから、僕は過去にしようかな…。

栗山&飯島:いや、好きなとこいけよ!

飯島:はい(笑)。実際、過去にも戻りたいのですが、45歳前後の自分の姿を見てみたいです。今年(2018年)で22歳なので、23年あれば世の中だいぶ進化していると思うんですよね。

栗山:みんなサイボーグになっているかもしれないしね(笑)。

飯島:はい。体にチップが埋まっているかもしれないけど、そういうのも面白いかなって。未来は全然分からないけど、時代に合わせて生きているのかなと思います。

■ 年末は実家に帰らなくていいかなぁ

――2018年ももう前半戦が終わろうとしていますが、下半期はどういったことに挑戦していきたいですか?

栗山:男劇団としては、次の公演のメドがたっていたらうれしいですね。僕個人としては年末まで舞台が入っているので、そのための体づくりを頑張りたいし、けがをしないように健康的に生きていきたい。

あとは皆さんの活躍を祈って応援しています(笑)。

塩野:(悩んで)年末は実家に帰らなくていいかなぁ…ということだけ思ってます(笑)。

栗山:何で? 帰りなよ。

塩野:毎年帰っていて、友達と一緒に過ごすんで…。

栗山:それが楽しんじゃないの?

塩野:すみません、ちょっと今のなしで(笑)。

栗山:出たとこ勝負だな! っていうか男劇団でバラエティー番組やりたくない?

飯島:おお! やりましょう!

塩野:そうですね。男劇団のみんな本当に面白いんですよ。でもワイワイし過ぎて、舞台の稽古中もよく怒られます(笑)。

飯島:あと、僕は今年中にUSJ行きたいです(笑)。

塩野:(食い気味に)俺も行きたい! 行ったことないのよ。

飯島:俺も行ったことないんで、行きたいっすね。あとは無理かもしれないけど、海外にも行ってみたいです。特にフランスとかドイツ。海外の方の価値観に触れてみたい。

――では最後にファンに向けてメッセージをお願いします!

飯島:旗揚げ公演ということで、僕ら全員で力を振り絞って最高の作品にさせますので、ご興味のある方はぜひぜひ見に来てもらえるとうれしいです!

栗山:旗揚げ公演を成功させて、次につなげたい。どんどん公演数を増やしていって、地方とかを回れるような劇団になりたいですし、「俺も男劇団に入りたい」と思われるような、魅力的な劇団になったらいいなと思います。

塩野:頑張ろう。ありがとうございました!(ザテレビジョン・取材・文=高山美穂)

https://news.walkerplus.com/article/150481/

あなたにおすすめ