昼のワイドショー戦線 『ミヤネ屋』ジリ貧で棚ぼた『グッディ!』が急上昇!

日刊サイゾー

2018/6/13 15:00


 元TOKIO山口達也のスキャンダルや、日大アメフト部問題など、世間を大きく騒がせる事件が相次ぐ中、各局がしのぎを削る昼のワイドショーにちょっとした異変が表れている。

“事件”が起きたのは、5月23日のことだ。テレビ情報誌の記者が語る。

「23日は、日大アメフト部の選手が会見を行った次の日だったのですが、フジテレビの『直撃LIVE グッディ!』が、番組をほぼまるまる使って日大の話題を取り上げたところ、平均視聴率が番組史上初めて日本テレビの『情報ライブ ミヤネ屋』を上回りました。フジは、その直前の『バイキング』でも、坂上忍がアメフト問題を取り上げ、その流れでそのまま視聴者を取り込むことに成功しました」

『グッディ!』が始まったのは2015年3月のこと。それ以来、一度も『ミヤネ屋』を抜けなかったというのも、それはそれで驚きだが、背景には視聴者の心変わりがあるという。テレビ制作関係者が語る。

「ここ数年、お昼の時間帯のワイドショーは、『ヒルナンデス!』の勢いそのままに『ミヤネ屋』が圧勝を続けてきました。『グッディ!』は、それまで夕方のニュースをやっていた安藤優子をお昼に持ってきた番組でしたが、スタート当時は悲惨そのものでした。安藤のジャーナリスト的な視線が主婦層にまったく受け入れられず、視聴率は1%台をウロウロ。『グッディじゃなくてバッディだ』という自虐ジョークが、本気で飛び交ったものです。しかしここ最近、『ミヤネ屋』の宮根誠司の強引な仕切りによって、じわじわと視聴者が離れています。週刊誌の『嫌いなキャスター』ランキングでも宮根はぶっちぎりの1位でしたし、レポートやゲストの話を遮ったり、あくまでも自分が思う方向に結論を導いたりといったスタイルに、視聴者はいい加減、嫌気が差してきたようです」

かつては『ミヤネ屋』が8%近くを取っていたものの、最近は5~6%まで低下し、『グッディ!』と競るようになっている。しかし同時間帯には“絶対王者”がいるという。

「『ミヤネ屋』や『グッディ!』、さらにTBSの『ゴゴスマ』などの生放送がしのぎを削るなか、首位を走るのはテレビ朝日のドラマの再放送です。テレ朝は、『相棒』『科捜研の女』など、刑事モノや医療モノのドラマを3時間続けて放送していますが、『相棒』などは、良い時は2ケタを取り、再放送なのに週間視聴率ランキングのドラマ部門に入ることもしばしばです」(前出・テレビ情報誌記者)

勝った・負けたと一喜一憂する中、まったくお金をかけずに数字を稼ぐテレ朝は、まさに独り勝ち。ただしテレ朝はテレ朝で、「情報番組の現場スタッフが育たない」という声は局内に根強くあり、各社各様に悩みは尽きないようだ。

あなたにおすすめ