けやき坂46が男装、白塗り、プロレス…でバラエティー力急上昇!

ザテレビジョン

2018/6/11 18:00

欅坂46(通称:漢字欅)の後発グループ・けやき坂46(通称:ひらがなけやき)の勢いが加速中! AKB48乃木坂46が冠を持ってきた“BINGO!”の最新シリーズ「KEYABINGO!4 ひらがなけやきって何?」(日本テレビほか)で個性を発揮している。1期生の井口眞緒と佐々木久美は前シリーズから引き続きの出演、2期生の濱岸ひよりと松田好花にとっては今作が初BINGOだ。

佐々木「『KEYABINGO!3』に漢字欅さんと一緒に出演させていただいたけど、今回はひらがなだけということで始まる前はプレッシャーもあったよね」

井口「うんうん。でもスタートしてからはとにかく楽しいよ。企画としては『男装メンバーと遊園地で私服デート』が印象的だったね。男装した5人が“K5”っていうチームになっていたけど、あの企画以外にも活動してもらいたいな。ライブとかをやってほしい!」

濱岸「実は私、K5に入りたいって思ってたんですよ~。宝塚が好きなので、それっぽい雰囲気の男子に変身してみたいです」

松田「私も男装してみたいです。第1回の『ムチャぶりドッジボール』でボールを当てられて、罰ゲームとして“くっきー(野性爆弾)風メーク”に挑戦したけど、あれとは違うちゃんとした男装を…」

佐々木「でも、あれって…」

松田「あっ、あれは“柴田理恵さんに扮したくっきーさん風メーク”だから女装かな?…とにかく、イケメンになってみたいです!」

井口「みんな、男装したいんだね。私はやっぱりそれに憧れる女の子役の方がいいよ。『花より男子』でいうところの牧野つくし的なポジションで、K5のメンバーに囲まれたい!」

佐々木「だいぶハマったんだね(笑)。男装企画の他にもインパクトが強いシーンがあったよね。女子プロレスラーの水波綾さんが登場したときに、ひよたん(濱岸)が号泣しちゃった場面とか」

濱岸「…ごめんなさい(苦笑)。あのときは本気で怖かったんですけど、水波さん、すごくいい人でした。あの出会いがきっかけでプロレスに少し興味を持ったんですよ~」

心の底から番組を楽しんでいるようだが、今後やりたい企画は?

井口「いろんなものを食べるのはどうかな? コケとか世界のゲテモノ料理を食べたい!」

佐々木「コケ…(苦笑)。私はコンビニとか何もない無人島みたいなところで生活してみたいな。自分たちで釣った魚をさばいて料理とかしたら楽しそうでしょ?」

松田「全員で一緒に料理するっていうのはいいですね。今までは1期生vs2期生みたいな企画が多かったから、みんなで一丸となって何かにチャレンジしてみたいです。ひよたんは何がしたい?」

濱岸「バンジージャンプやスカイダイビングをやりたい!」

2期生のチャレンジ精神は大きな武器。経験値のある1期生メンバーから学ぶことも多いのでは?

佐々木「私たちは先輩だけどアドバイスは…してないかも(苦笑)」

松田「いえいえ、いろんなことを勉強させていただいてます!」

濱岸「いつも先輩の背中を見ています。収録中だけでなく、こういう取材の場とかでもちゃんとあいさつをしていらっしゃる姿とか」

井口「…私も1期生だけど、ついさっきあいさつするのを忘れそうになって、久美ちゃんに言われて気付いたの…だから、私も久美ちゃんの背中を見ています!」

■ (け)謙虚な気持ちを忘れない

松田「ライブ前の円陣で『謙虚、優しさ、絆』っていう声を掛け合っていることもあるので、その気持ちを忘れないようにしたいです。とはいえバラエティー番組では謙虚過ぎると盛り上がらないので、緩急をつけて頑張ります!」

■ (や)優しくて

井口「全員が『助け合おう!』という気持ちを持っている優しいグループです。ダンスの振り入れとかで私が困っていると『一緒に頑張ろう!』って。潮紗理菜ちゃんは特にほんわかしていて“優しさ代表”っていう感じです」

■ (き)キラキラを放つ

佐々木「『けやき坂46を見ていると笑顔になれる』『ハッピーオーラを感じる』と言っていただけるので、そういう面を磨いていきたいです。番組の中では、モノボケに挑戦した回のときにみんながキラキラ輝いていました(笑)」

■ (さか)坂道グループです

濱岸「いろんな場所で声を掛けられたり、おじいちゃんやおばあちゃん世代の方にも知ってもらえるような国民的なグループになりたいです。できれば、『世界が知っている!』というぐらい大きくなれたらうれしいです」(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/149382/

あなたにおすすめ