山崎賢人、スピーチは苦手?しどろもどろで「どうしよう…」

山崎賢人主演映画『羊と鋼の森』の初日舞台あいさつが8日、都内で行われ、山崎のほか、鈴木亮平、上白石萌音、上白石萌歌、三浦友和、光石研、メガホンをとった橋本光二郎監督が出席した。

ピアノ調律師に魅せられた主人公・外村直樹(山崎)が調教師として働き、成長していく姿を描く本作。山崎は登壇すると満員の劇場を見回し、緊張の表情。スピーチは苦手のようで、うまく話せずしどろもどろになると「どうしよう……。自分を調律しないと」とため息。スピーチに悪戦苦闘しつつも「初日を迎えられれて本当に嬉しいです」と述べ、「お芝居をするのがよくわからない、悩みながらの時期だったりしたんですけど、その気持ちを外村にぶつけようと思って頑張りました」と撮影を振り返った。

ピアニストの姉妹役で出演した上白石姉妹は、やっと姉妹共演を果たせて充実の表情。萌音は「姉妹で共演することが決まって、まだまだ先だと思っていたのに、あっという間にこの日が来て現実味のないふわふわした気分です」と感慨深げ。「個人的なことですが、祖父母が早く見たいと言っていたのでこれで見てもらえると思うと本当に嬉しいです」とにっこり。萌歌も「これまで姉妹を支えてくださった人たちにぜひ見てほしいです」と嬉しそうに本作をアピールした。

壇上では、映画の内容に絡め「人生で悩んだときに背中を押された人、押された言葉」をテーマにトークが行われたが、萌音は「悩んだときは一緒に住んでいる妹に相談します。妹に背中を押してもらうことが多いです」と姉妹のプライベートでのエピソードを紹介。これに萌歌も「仕事の相談をよくし合うので、私も姉に助けられることが多いです」と同調。萌歌は本作を「わたしにとって特別な作品」と表現するなど、姉妹共演がよほど嬉しかった様子。壇上で監督に「貴重な体験をさせていただきありがとうございます」と感謝の気持ちを述べていた。

※山崎賢人の「崎」は正しくは「たつさき」

あなたにおすすめ