桑原あい、自身の新トリオを中心としたニューアルバムのリリース&全国ツアー開催決定

Billboard JAPAN

2018/6/6 10:00



桑原あいが自身のプロジェクト、“桑原あい ザ・プロジェクト”名義でのニューアルバム『To The End Of This World』を、8月22日にリリースすることが発表した。

桑原あいは、2017年にスティーヴ・ガッド(ds)、ウィル・リー(b)という世界最高峰のミュージシャンを迎え、ニューヨークでレコーディングされたアルバム『Somehow, Someday, Somewhere』と、テレビ朝日系『サタデーステーション』『サンデーステーション』のオープニングテーマに起用された「Dear Family」が収録された、ドラマー石若駿との全編ピアノとドラムのみのデュオ編成によるコンセンプト・アルバム『Dear Family』の2枚のアルバムをリリースし、現在、日本に留まらず、世界中から注目されるピア二ストのひとりとなっている。

2018年初リリースとなる今作は、ベースに鳥越啓介、ドラマーに千住宗臣を迎えた新レギュラー・トリオでの演奏を中心に構成。昨年9月にこのメンバーで初ライヴを行い、ジャズの枠に留まらない独創的でエモーショナルなライブが評判を呼び、今年、このメンバーでのレコーディングが実現。まさにこのメンバーでしか表現できないようなスリリングで先鋭的な演奏となっている。さらに今作には、織原良次(b)、山田玲(ds)の2人のミュージシャンを迎えたもう1つのピアノ・トリオでも録音。こちらは桑原あいのコンポーザーとしての魅力が最大限に伝わってくる表情豊かな演奏となっている。

ゲスト・アーティストには、音楽ユニット“ものんくる”のヴォーカリスト=吉田沙良、“EGO-WRAPPIN' AND THE GOSSIP OF JAXX”のメンバーとして活躍するサックス奏者=武嶋聡、LAの人気ジャム・バンド“Kneebody”の中心人物にしてカマシ・ワシントンらとともにLAジャズ・シーンを牽引する現代ジャズ・シーンの注目サックス奏者=ベン・ウェンデル、気鋭のチェリスト徳澤青弦率いるカルテットなど多彩なゲストが参加。

収録曲の大半は桑原自身の作曲によるオリジナル曲で構成されており、その中には桑原自身が敬愛する歌人、劇作家である寺山修司の詩「悲しくなったときは」を英詞にし、桑原が曲をつけた「When You Feel Sad」や、今年生誕100周年を迎えるバーンスタインの“ウエスト・サイド・ストーリー”のサウンド・トラックより「Maria」、フランスの作曲家、プーランクがエディット・ピアフに捧げた楽曲「Improvisation XV -Hommage A Edith Piaf-」などのカヴァー曲も収録される。

アルバム・タイトルの『To The End Of This World』は、人それぞれの限定されない“この世界の終わり”の時間や場所のことを意味しており、今作で桑原あいは、音楽家である前に一人の女性として“この世界の終わり”を見つめ、楽曲毎に様々な主人公にその瞬間を託して表現している内容となっている。

そして、このアルバムを引っ提げた全国ツアーも開催が決定。全国4箇所での公演を予定している。

◎リリース情報
アルバム『To The End Of This World』
2018/8/22 RELEASE
UCCJ-2159 3,240円(tax in)
<収録予定曲>(曲順未定)
・MAMA (Ai Kuwabara)
・Opening-1 (Ai Kuwabara)
・To The End Of This World (Ai Kuwabara)
・919 (Ai Kuwabara)
・When You Feel Sad (Shuji Terayama / Ai Kuwabara)
・The Error (Ai Kuwabara)
・Mother Sea (Ai Kuwabara)
・Maria (Leonard Bernstein / Stephen Sondheim)
・Improvisation XV -Hommage A Edith Piaf- (Francis Poulenc)
・Love Me or Leave Me (Walter Donaldson / Gus Kahn)
<パーソネル>
桑原あい(p, key)
鳥越啓介(b)
千住宗臣(ds)
織原良次(b)
山田玲(ds)
吉田沙良 from ものんくる(vo)
徳澤青弦(cello)
武嶋聡(as, ts, fl)
ベン・ウェンデル(ts)


当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ