できるなら「やり直したい」と後悔しているもの




生きていれば後悔のひとつやふたつはつきものです。「あのときこうしていれば……」「この道を選んでいれば……」などと後から振り返って惜しい気持ちになったことがある人もいるのではないでしょうか。とはいえ、「やり直したい」と思うことはそんなに多くはないものです。ここでは、「できるならやり直したいと後悔しているもの」について聞いてみました。

結婚相手



「周りが結婚し始めたときに焦って付き合い始めた相手とスピード婚。もともと生活リズムも合わなければ趣味も合わないし、なんで結婚しちゃったんだろうと後悔……。あのときの自分を殴りたい」(30代/IT)

▽ 周りの結婚ラッシュに飲み込まれ、自分も急いで結婚しないと! と焦って相手のことをよく知りもせずに入籍。その後、合わない相手だとわかり後悔している女性も結構いるようです。結婚はゴールではなくスタートです。結婚してからが本番なのに、結婚をすることが目的になってしまうとこういう失敗をしがちなのかもしれませんね。

学校の勉強



「授業中に手紙をまわしたり、好きな人のことを考えてたりするんじゃなくて、もっとまじめに勉強すればよかった! 大人になってからあんなに勉強だけしていい時間ってないんだなって後悔」(20代/PR)

▽ 学生時代は、こんな勉強が将来になんの役に立つの……? なんて疑問に思っていた人もいるのではないでしょうか。役に立つ・立たないに関わらず、めいっぱい学ぶだけでいい時期というのは学生時代以外にはありません。また、勉強をし、さまざまな知識を得て行くのは楽しいもの。大人になるとなかなか時間がとれないので学生時代に戻ったら勉強をしておけばよかったと思うようです。

男友達をフッたこと

「仲の良かった男友達をドキドキしないからという理由でフッたこと。今ならときめくような気持ち以上に優しさとか信頼が大事だなってわかるのに……。いい男になってほかの人と結婚してしまったと知ってなおさら後悔」(30代/看護師)

▽ 全然タイプでない男友達をフッたことを後悔する女性もいます。若い頃はドキドキ感やときめきを重視しがちですが、歳を重ねると信頼や誠実さのある穏やかな恋愛を好むようになる人も多いです。素敵に見えなかった相手が、実は素晴らしい人間だったとわかったという人も。「あのときフらなきゃ今頃は……」なんて振り返っても後の祭りです。

免許証の写真

「二重あごで写ってしまった免許証の写真! 身分証明書がわりに出すたびに、心から撮り直したいなって思う」(20代/広告代理店)

▽ 自分の思い通りの姿に写ることの難しい免許証の写真。何度も身分証の提示で見せるたびに「撮り直したい」なんて思う人もいるのだとか。

紫外線対策



「若い頃から徹底的に紫外線対策をしていたら、今はもっと綺麗なお肌のままキープできていたのかなぁって思う。運動部で紫外線をめちゃくちゃ浴びていたし、日傘とかつかわなかったし……」(30代/主婦)

▽ 若い頃から念入りにケアをしていたら、今のお肌ももう少し若々しかったかも……! なんて空想するもの。特に紫外線対策は若い頃からやっていたかったもののようです。

あなたにおすすめ