2018年6月の運勢【逢坂杏の12星座占い】てんびん座

tenbin_01

全体運


前半は長く続けていけるテーマを探すことに焦点が当てられるでしょう。またスピリチュアルな本を手に取ったり、生きる意味を問うたり、人生の意味を真面目に考える場面が増えるかもしれません。6月14日の新月はこれから先も取り組んでいけるような、ライフワークが見つかる暗示が出ています。

6月21日は夏至が到来。支配星の金星が火星・木星とTスクエアという配置をとっています。個人のわがままを優先するか、大人として周囲の意向を尊重するか悩む姿が暗示されています。気乗りのしないパーティに出向くくらいなら、1人でのんびり過ごしたい。ただこれまでに築いた人脈を手放すのは惜しい、といった葛藤が出てくるでしょう。星は「自分にとって価値のある人を残し、あとはふるいにかけ捨て去るように」と告げています。そうした意味では、この夏は活動の方向を整理し、風通しのよい人間関係を築き上げる期間ととらえてみて。人を見る目を鍛えるよいレッスン期間に。

ビジネス運


6月1日は金星と木星・海王星がグランドトリンという吉相を形作ります。これまでの頑張りが評価され、報奨や昇給などのギフトがもたらされそう。実務の場では、常識や秩序よりも、直感を信じたほうがうまく行くでしょう。その場では説明できなくても、後から自分の判断が間違っていないことが明らかになるはず。

ラブ運


婚活中の人は、自ら出会いを求めなくても出会うべき人には必ず出会える暗示が。運命の彼とはオフィスや取引先、あるいは通勤路線が同じだったり、不思議な縁を実感するような出会いに。交際中のカップルは6月22日以降はお互い忙しくてデートはお預けになりそう。なるべく月の前半に時間を作っておきましょう

ラッキーアイテム


革のサンダル

>>逢坂杏の12星座占い:2018年の年間占い

カフェグローブのほかの占いも見る

>>haruの恋占い
>>吉野まゆのインド占星術

Image via Shutterstock

当記事はカフェグローブの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ