「シンソウ坂上」チリ人妻・アニータ&“つなぎ融資の女王”山辺節子に直撃!

ザテレビジョン

2018/5/31 07:00

5月31日(木)の「直撃!シンソウ坂上」(毎週木曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)では、「平成・女の事件簿SP」を放送。

2001年に夫が巨額横領事件を起こしたチリ人女性のアニータ・アルバラード氏と、“つなぎ融資の女王”として懲役7年の実刑判決を受けた山辺節子受刑者の二人を直撃取材する。

アニータ氏は当時、夫から毎月1000万円の“お小遣い”を受け取っていたとされ、その金は夫が勤務先である青森県住宅供給公社の預金から横領。不正に引き出された総額は14億5000万円を超えており、巨額横領事件として話題となった。

アニータ氏は現在、チリのテレビ番組内のお悩み解決コーナーで活躍中。45歳になったアニータ氏を直撃取材し、現在の男性関係や大金の行方が明らかになる。

また、番組では山辺受刑者にも直撃取材を敢行。山辺受刑者は、当時62歳ながら年齢を38歳と偽って複数の若い男性と交際。架空の投資話による詐欺で懲役7年の実刑判決を受けた。

その詐欺の被害者は120人以上、被害総額は約27億円とも言われている。

番組では、当時1億円を預けたという被害者や、山辺受刑者が通っていたホストクラブの店員に独自取材。

さらに、山辺受刑者との接見から判明した新たな告白を元に、その当時をドキュメンタリードラマで再現する。

彼女が犯罪に手を染めたきっかけや、大手企業の名を使った巧妙な詐欺の手口、大金の行方などが明かされる。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/148719/

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス