でんぱ組inc・鹿目凛 彼女感あふれるアートブックは「メリハリボディが楽しめます」

しらべぇ

2018/5/30 11:30


(©ニュースサイトしらべぇ)

アイドルグループ・べボガ!とでんぱ組.incを兼任し、ぺろりん先生名義で漫画家としても活躍中の鹿目凛(21)が、でんぱ組incアートブックシリーズ第7弾『きみだけ』(小学館)をリリース。

その発売を記念したイベントが、東京・渋谷で行われ、しらべぇ編集部も取材に訪れた。

■初のウェディングドレスに挑戦


(©ニュースサイトしらべぇ)

3月に撮影された今作は、鹿目の学生時代から結婚までを描いている。

「学生時代の制服姿から始まって、最終的にはウェディングドレス姿になります。この中で時間を感じさせたくて、17歳とか18歳の頃から大学生になって、ウェディングの時は多分24歳くらいになっていると思うんですよ。このアートブックの中で、ときを感じさせるようになってる」とこだわりポイントを紹介。

■人生が走馬灯のようによみがえった?


(©ニュースサイトしらべぇ)

その中でも、お気に入りのカットはウェディングドレスという鹿目。

「ウェディングドレスは人生の中で着てみたかった衣装なので、ウェディングドレスは本格的な衣装を用意してもらいました」とニッコリ。

「ウェディングドレスを着て式場に行ったときに、お仕事なのに『これからわたし結婚するの』みたいな気持ちに。じつは、この時に人生が走馬灯のようによみがえってきたんですよ。産まれて学校に行ってアイドル活動をやって、今こうやってウェディングドレスで撮影できてることがすごいなと思いながら撮影しました」と噛みしめるように語った。

■見てほしいパーツは筋肉質の足


(©ニュースサイトしらべぇ)

特に見てほしいパーツについては、「もともと筋肉質なんですけど、ライブパフォーマンスで鍛えられた足ですかね」と紹介。

女性のファンからも、よく足を褒められると前置きしつつ「筋肉のあるところはキリっとして、胸とかもあるよというメリハリのあるボディが楽しめます」としっかりと見どころをアピールした。

■『彼女とデートなうに使っていいよ』の発案者


(©ニュースサイトしらべぇ)

鹿目といえば、『彼女とデートなうに使っていいよ』の発案者であることでも有名。

「私は『彼女と〇〇なうに使っていいよ』というフレーズを作ったんですけど、今回のアートブックも彼女とデートなうっぽいアートブックかなと思ったので」と期待が膨らむコメントも。

このアートブックをどのような人に見てもらいたいかと聞かれると「私を好きでいてくれるファンの方ももちろんですけど、いま私を気になっているよという方にも、このアートブックを見て楽しんでほしいです」と教えてくれた。

(©ニュースサイトしらべぇ)

【鹿目凛(かなめ・りん)】

1996年9月21日生まれ/T160・B88・W60・H89/血液型:A型/埼玉県出身/趣味:イラスト・映画鑑賞・インテリア/特技:ヲタクの観察

・合わせて読みたい→男50人に囲まれて混浴? 温泉モデル・しずかちゃんに指原「TVに出ていい人?」

(取材・文/しらべぇ編集部・ブレーメン大島

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ