世界初リメイク!『クリミナル・マインド』韓国版が6月1日(金)よりスタート

海外ドラマNAVI

2018/5/30 09:00

2005年から放送されている米CBSの大ヒット犯罪捜査ドラマ『クリミナル・マインド』。同作を韓国で世界初リメイクした『クリミナル・マインド:KOREA』が6月1日(金)よりWOWOWプライムにてスタートする。

【関連記事】本家『クリミナル・マインド』第12シーズンの見どころと永遠なる魅力について分析!

本作では、プロファイリングで連続殺人事件を解決していくという設定をはじめ、先月シーズン14への更新が決まったオリジナル版をモチーフにしたストーリーやセリフもあるとのこと。キャラクターも、ユーモラスなITの専門家、完璧な映像記憶能力を持つ天才、メディア対応に秀でた女性、頼れるチーム長など、本家の登場人物を彷彿とさせる面々が揃う。

FBIに変わり、捜査に当たるのはNCI(国家特殊犯罪捜査局)の捜査チーム。その主人公は、警察の爆発物処理班(EOD)出身で、捜査要員としてNCIに移ってきたキム・ヒョンジュン。直感力の強い熱血漢で、犯罪者の立場から状況を再現し、事件を解決に導くという。演じるのは、『王の男』『朝鮮ガンマン』『麗〈レイ〉~花萌ゆる8人の皇子たち~』といった作品で知られるイ・ジュンギ。

ある日、ソウルで爆弾テロ事件が発生。班員のキム・ヒョンジュン(イ・ジュンギ)を含む警察の爆発物処理班(EOD)と、国家特殊犯罪捜査局(NCI)の2チームが出動する。別の建物にはまだ時限爆弾が設置されていた。NCI行動分析チームのチーフ、カン・ギヒョン(ソン・ヒョンジュ)による容疑者のプロファイリング報告を警察上層部が無視した結果、EODは時限装置の解除に失敗。爆弾が爆発し、ヒョンジュンは仲間全員を失う。それから1年後、20代の女性を狙った連続殺人事件が起こり、NCIと警察の共同捜査チームが結成される。爆弾テロ事件を防げなかった罪悪感でNCIを辞していたギヒョンは、かつて同じチームの一員だった行動分析官のハ・ソヌ(ムン・チェウォン)に誘われて復職。ヒョンジュンも共同捜査チームに配属され、行動を共にすることになる。

『クリミナル・マインド:KOREA』はWOWOWプライムにて6月1日(金)深夜0:00よりスタート(第1話無料放送)。毎週金曜深夜0:00に2話ずつ放送される。(海外ドラマNAVI)

【会員になって応募しよう】『クリミナル・マインド』シーズン1 DVDボックス/オリジナルTシャツが当たる!ご応募はこちらから

Photo:『クリミナル・マインド:KOREA』
(C) 2017 Buena Vista International, Inc.・Produced by STUDIO DRAGON in association with ABC Studios Original U.S. series "CRIMINAL MINDS" created by JEFF DAVIS
Original U.S. series "CRIMINAL MINDS" produced by ABC STUDIOS and CBS TELEVISION STUDIOS

当記事は海外ドラマNAVIの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ