中居正広の独立はない!? 「新しい地図」との差を生んだ残酷な1年


下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!

野田聖子総務大臣兼女性活躍担当大臣が、メディアで働く女性記者からセクハラ実態のヒアリングを行った。加害者には官僚、政治家もいて「壮絶な例」も多かったとか。ぜひその具体的事例と加害者実名を明かしてほしい。

第414回(5/24~5/29発売号より)
1位「独占キャッチ 中居正広 『決断の6月』に激震発言」(「女性セブン」6月7日号)
2位「南果歩 『謙さんには借金が…慰謝料10億円? そんなの嘘!』」(「女性自身」6月12日号)
参照「渡辺謙ついに全面降伏 南果歩へ『10億円離婚』」(「女性セブン」6月7日号)
3位「東京都狛江市 セクハラ市長の余罪」(「週刊女性」6月12日号)

確かにあれから1年がたったんだな。元SMAP3人のジャニーズ事務所退所が明らかになった昨年6月から。そして、独立派リーダーだったはずの中居正広がまさかの残留をすることが報じられてから。当時、中居の今後に関し、「1年か2年後に3人と合流」という情報がさかんに流布された。中居のとりあえずの残留は決して裏切りではなく、3人を守るためであり、また仕事を共にしているスタッフへの配慮だと。

そして今回「女性セブン」に掲載された情報は、それを裏付けるようなものだった。例えば、最近になって中居と香取慎吾が和やかに会食していたり、またラジオでも3人の新曲を “自分も加わらなければダメ”というニュアンスで紹介、『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)の「ビストロSMAP」の思い出を語ったり、中居のテレビ番組に「新しい地図」カレンダーが映りこんでいたり。

だが、しかし、記事の結論はそうした情報、つまり“中居独立”とは真逆のものだった。かなり断定的に“独立はない”と。

確かにそうなんだろうな。「新しい地図」の3人はネットなどの新天地で新たな仕事をスタートさせ、順調に軌道に乗せている。一方の中居は、相変わらず司会業など地上波で活躍している。たった1年弱という年月だが、それぞれの立場、地位は大きく変わり、それぞれ責任ある立場にいる。残酷な1年でもあった。今、中居が独立しても双方なんのメリットもない。それが1年という残酷な月日だったのかも。しかも元SMAPにとって“魔のメモリアル”6月がもう目の前なのに、中居独立に関して掘り下げて報じるメディアは少ない。そもそも話題的にもう落ち着いてしまっているのだろう。中居の周辺で独立を匂わせる劇的な動きもないし。

あーあ。少し、いやかなり期待していたんだけどな、中居の独立。いや、今年は“ない”だけかもしれない。来年は――。しかもこの「セブン」記事、ネットの「ポストセブン」に掲載されなかったことで、波紋を呼んでいる。ジャニーズにとって、それほど不都合とは思えないが、もしや――。来年に期待をつなぎたい。

渡辺謙と南果歩の離婚について「セブン」がその内幕を報じている。そのひとつは2人が結婚の前に交わしていたとされる「婚前契約」の存在だ。例えば浮気をしたり、暴力を振るったり、経済的問題が起きた際にどうするのかを取り決めるような“契約書”だ。そして「セブン」によると2人の婚前契約には“渡辺になんらかの不都合があって離婚する際には南に財産のほとんどを譲る”という条項があったという。それに基づき、不動産など南への財産分与は10億円也!

さすがは世界の渡辺、慰謝料も欧米並み! 太っ腹! と思いきや、本日発売の「女性自身」がそれに真っ向から噛み付いた。「自身」は先週発売の「セブン」記事を見て、南本人に直撃を行い、「セブン」の記事内容を否定させたのだ。

「10億円なんて、とんでもない。全部嘘です! だって(渡辺には)借金しかなかったんですもの……」

10億どころか、借金があったとは。さらに「自身」は南から「そんな記事にいちいち反論していても仕方ないですからね」と「セブン」批判のコメントまでゲット、ついでに南の友人という人物からも「婚前契約」なんて交わしてないとして「(南は)あまりに根も葉もない記事にあきれていた」とのコメントまで掲載したのだ。

確かに、渡辺と南の離婚報道に関し、「自身」はほかの女性週刊誌を一歩も二歩もリードしてきた。いや、それが真実かどうかはともかく、南本人や渡辺の所属事務所ケイダッシュにかなり食い込んでいると思われる記事を掲載してきたのである。例えば昨年、渡辺の浮気が発覚し、離婚騒動が浮上した際は、不倫騒動にもかかわらず夫婦の絆をさかんに強調、さらにケイダッシュの川村龍夫会長からの異例のコメントを掲載していたほど。

ということで、今回の「セブン」VS「自身」バトルは南に大きく食い込んだ「自身」の勝利となったが、そもそも「自身」は南の代弁者なんだろうな。そして、南もメディアの使い方が上手なようで。

地方議員によるセクハラ問題は後を絶たないが、最近ワイドショーなどで話題なのが東京都狛江市の市長によるセクハラ。「週刊女性」では問題になっている女性職員へのセクハラだけではなく、狛江市長はほかでも数多くのセクハラ・パワハラを行っていると報じているが、興味深いのが、こうした卑劣なセクハラに関し、「サービス精神」「大げさ」「受け取り方の問題」と擁護する声を紹介していること。そしてそのコメントの主は「70代男性」に「81歳男性」だって。高齢男の“意識”を炙り出すために、わざわざこんなコメントを載せたのか!? なるほどね(笑)。

当記事はサイゾーウーマンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ