北欧風カフェが「トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園」にオープン!

日刊Sumai

2018/5/26 11:50

お出かけが楽しい季節ですね。
今回は、いつもと違う場所へ行きたいな~とお出かけスポットを探している方には特にオススメ!
開園21年となる、「トーベヤンソンあけぼの子どもの森公園」(埼玉県飯能市)をご存知ですか?
この歴史ある自然公園に6月にオープン予定の「北欧風カフェ」をご紹介します。

「トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園」って、どんな所?

今回ご紹介する公園は、平成9年に埼玉県飯能市が設立して以来、「平成記念子供のもり公園」として親しまれていたので、そちらの方が耳馴染みのある方もいるかもしれません。
開園20年を迎えた平成29年の6月に「トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園」と名前を変えたものの、変わらず人気の高い自然公園です。
こちらには遊具などはなく、あくまで自然の中で子ども達の感性を刺激するというコンセプトを持ち、木々に囲まれた本場北欧の雰囲気を感じられるのが大きな魅力。
そんな緑の中には水遊び場所やイベント会場だけでなく、図書館があるなど文化的な要素も合わせ持ち、ご家族全員が楽しめること間違いなしですよ!

カフェ「Café PUISTO(カフェ プイスト)」がオープン

6月1日(金)、その公園内にカフェ『Café PUISTO(カフェ プイスト)』がオープンします。
このカフェは、コンセプトを「人と地域がつながり、ゆっくりと北欧時間が流れる場所」とし、北欧を意識した内装とメニューでくつろげる空間を演出してくれます。
北欧モダンなブルーの外壁、西川材と北欧のコラボ家具・ファブリックで装飾された店内など……ただいるだけでも北欧気分が味わえそうなお店は、きっと1度は行ってみたくなりますよ!
また、フードメニューもとっても美味しそうでおしゃれなので要チェック。
インスタグラムなどSNS映えもバッチリのおしゃれな食事で、ゆったりとした北欧時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?


以下、メニューを一部ご紹介します。
【SMORREBROD (スモーブロー)1plate LUNCH(サラダ、キャロットラペ、ドリンク付き)1,000円(税込み)】
4種類のスモーブローから1種類チョイス
  • “ピンキ” <林檎のスライス、ビーツのクリームチーズとリコッタチーズのオープンサンド>
  • “ヴィヘルシュ” <アボカドトースト lohasbeans style>
  • “テリヤキ” <テリヤキチキンとマッシュポテト、卵のオープンサンド>
  • “ヘデルマ” <フルーツのオープンサンド>
スモーブローとは北欧食のひとつで、ライ麦やポンパニッケルなど、薄切りのパンにたっぷりとバターを塗り、その上に新鮮な魚介類やチーズ・ハム類・野菜類などをのせた料理です。

【DESSERT SET ドリンク付き 700円(税込み)】
ケーキ

  • “ヴィオレッティ” <ブルーベリーのタルト>
  • “ルスケア” <チョコレートケーキ>
  • “プナイネン” <フレッシュ2ベリータルト>

また、公式サイトが続々開設されています。
6月1日(金)のグランドオープンまで、最新の情報は下記SNSやHPをチェックしてみて下さい!

いかがでしたか?
ゆったりとした自然公園の中の、おしゃれなカフェで過ごす休日……。
家族で楽しむのはもちろん、SNS映えも狙えちゃうNEWスポット!
ぜひ週末のお出かけスポットの候補に入れてみてくださいね。

【Café PUISTO(カフェ プイスト)】
■席数 店内:26席、テラス席:12席
※キッズルームあり

【参考】
※ 【トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園】初公開!6/1(金)公園内にOPENする北欧風カフェ『Café PUISTO』メインビジュアル&メニューが決定

あなたにおすすめ