「自分のことが好きになれない」は損。自分を好きになる3つの方法

yummy!


「自分のことが好きになれない」は損。自分を好きになる3つの方法

「自分のことが好きになれない」という人が恋愛で失敗することが多いのには理由があります。
「こんな私のことを好きになってくれるはずない」とネガティブに考えてしまい、彼氏の気持ちを疑ってしまったり、「私は幸せになる価値はない」とわざと不幸せになりそうな関係を選んでしまうからです。
一方、自分のことが好きで、大切にしている人は、恋人からも大切にされます。また、自分の能力を信じている人は、仕事にも前向きに取り組むことができ、ネガティブな人に比べて仕事も順調に進めることができます。
自分を好きになると、ポジティブなオーラを発することができるので、魅力的な人を惹きつけやすくなりますし、物事が円滑に進むようになるのです。
自分のことが好きになれない、という人は、自分を嫌うことで恋愛面でも仕事面でもとても損をしていると言えます。
今回は、自分のことが好きになれないという人向けに、自分を好きになる方法について解説いたします。

目次

自分を好きになる方法①自分の価値を認めてくれる人とだけ付き合う


あなたのことをバカにしたり、下にみたりするような人に囲まれて暮らしていると、自分を好きになることはできません。
逆に、あなたを愛し、大切に扱ってくれる人に囲まれていると、自然と自分のことが好きになれます。
まずは、あなたの価値を軽く見ている人とは距離を置きましょう。そして、大切な家族や友人とだけ接するように心がけましょう。

自分を好きになる方法②自分を大切にし、自分の気持ちを最優先する


他人の言葉に従ったり、周りと比較してばかりいては、自分のことを好きになることはできません。
自分を大切にして、自分の気持ちを最優先にしましょう。他人の自由を侵害しない限り、「我ままだと思われるんじゃないか」「自分勝手なんじゃないか」と遠慮する必要はありません。
他人から求められていることではなく、自分が本当にしたいことをすることで、自分の力を実感することができるでしょう。

自分を好きになる方法③日々、向上していることを実感する


変わり映えのしない毎日を過ごしていると、自分に対して飽きてしまうことがあります。そうならないためには、「一日いちにち、向上している。進歩している」と感じる必要があります。
趣味でも仕事でもいいので、新しいことを始めてみましょう。新しいことにチャレンジし、日々練習を続けることで上達した自分を感じることができます。進歩している自分を感じると、「私ってやればできるんだ」と自然と自分をほめてあげたくなるはずです。

さいごに


今回は、自分のことを好きになる方法を3つご紹介してきました。他人と比べたり、自分の気持ちを押し殺してばかりいると、自分のことを嫌いになってしまいます。
自分のことをちゃんと愛してあげるために、心の声に耳をすませましょう。
自分のことが好きになれた人だけが、他人のこともきちんと愛せるようになるのです。
(今来 今/ライター)

当記事はyummy!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ