【衝撃の簡単さ】かわいい「オープンいなり」はこのフチづくりがポイント!

OTONA SALONE

2018/5/26 11:00



ちょっとしたホームパーティーやイベントのときに、ぱぱっとできる手料理のレパートリーがあると便利。そしていまどきは、おいしいだけでなく見た目のかわいさも重要!そこで今回は、手軽にできて、しかも見た目もかわいらしい、40独女もたのしめる変わりダネのオープンいなりをご紹介します。

「オープンいなり」基本の作り方

包まないいなり寿司、オープンいなりの基本の作り方をご紹介します。【レシピ】いなり寿司10個分米 1合A米酢 25cc砂糖大さじ1/2塩小さじ1/4揚げ 10枚Bだし汁 200ml砂糖 大さじ3と1/2醤油 大さじ2【作り方】1.米を1.1倍の水分量で炊く。
2.Aの材料を混ぜ、電子レンジ(600W)で1分加熱する。
3.炊き上がったお米に2を混ぜ、粗熱をとる。
4.揚げは、油抜きをし、正方形に切る。
5.鍋に4を並べ、Bを加え、落し蓋をして弱火で水分がなくなるまで煮る。
6、5の口を広げ、先端を内側に折り込み、ごはんを詰める。

ちょっとかわりだね、洋風オープンいなりの作り方

いなり寿司というと和食というイメージが強いですが、実は、洋風にもアレンジができます。基本のオープンいなりができたら、冷蔵庫にある食材や好きな具材をアレンジして、自分だけのオリジナルのオープンいなりをつくってみましょう。こちらでは、見た目も重視した3種類のレシピのアイデアをご紹介します。【ドライトマト、オリーブのオープンいなり】・酢飯の酢を赤ワインビネガーに変えて同様につくる。ドライトマトを刻み、ごはんに混ぜて俵型にまとめ、お揚げに詰める。パプリカとブラックオリーブ(輪切り)を飾る。【サーモン、レモンのオープンいなり】・サーモン、スライスしたレモンをいなり寿司の上に飾り、スプラウトを添える。【肉そぼろ、うずら卵のオープンいなり】・挽肉を炒め、ウスターソースとケチャップで味付けをする。いなり寿司の上にまんべんなく広げ、スライスしたうずら卵を飾る。

 かわいくみせる盛り付けのコツ



いわゆる写真映えする料理として少し前に話題になったオープンいなり。普通のいなり寿司と違うのは、まず、ごはんをすべて包まず、お揚げの先端を内側に折り込むところ。袋状にした中に俵型にしたごはんを詰め、ごはんがみえるオープンな状態にします。そして、ごはんの上に、お好みの具材をのせていきます。どんな具材をのせるかによって、見た目の可愛さがかわってきますが、盛り付けのコツは、まずはメインとなる食材を決めること。そしてメイン食材にあう添え物を選んでいきます。最後に色のバランスをみてポイントとなるようなハーブや、ナッツなどのトッピングをおきます。このポイントとなる食材をおくことによって全体のイメージもひきしまり、また、写真撮影の際のポイントにもなります。パーティーやイベントなど、ちょっとしたおもてなしの際に是非つくってみてください。

あなたにおすすめ