池松壮亮&蒼井優の初共演は伝説の大コケ映画!? 猪木ばりのビンタが快感『宮本から君へ』第7話

日刊サイゾー

2018/5/26 02:00


 池松壮亮は人間台風です。カンヌ映画祭パルムドールを受賞した是枝裕和監督の『万引き家族』(6月8日公開)では、ちょい出演ながら印象的なシーンに登場。主演映画『君が君で君だ』(7月7日公開)では尾崎豊へのなりきり演技を披露。日本映画界を揺さぶる存在に成長を遂げつつあります。そんな彼が、現実と理想の狭間で悶え苦しむ若者像を等身大で演じているのが『宮本から君へ』(テレビ東京系)です。社会人になって間もない主人公・宮本浩が、人生最大の壁にぶつかる第7話を振り返ってみましょう。

(前回までのレビューはこちらから)



宮本浩(池松壮亮)は都内の弱小文具メーカーに勤める新人営業マンです。いつもはみんなで居酒屋へ繰り出すアフターファイブですが、最近はちょっと様子が変わりました。大手製薬会社へのクリアファイル大量納品をめぐり、宮本は先輩営業マンの神保(松山ケンイチ)と小田課長(星田英利)と残業中です。3人で顔を突き合わせて、せっせと見積書を書き直しています。宮本にとっては初めての大仕事であり、退職が決まっている神保にとっては最後の仕事になります。大手文具メーカーに勤めるライバル・益戸(浅香航大)との競合ということもあって、神保も宮本も鼻息が異常なほどに熱いです。以後、この2人は“熱風ブラザーズ”と呼ぼうと思います。熱風ブラザーズは弱小企業に奇跡をもたらすことができるのでしょうか?

見積書を書き直しただけでは熱気が収まらない宮本は、神保のマンションにまでついてきます。神保のマンションでは、内縁の妻・緑ちゃん(北川裕子)と神保と共にコンピューター会社を設立する重松(板橋駿谷)が夕食の準備をして待っていました。緑ちゃんも重松も、いつもヘラヘラ顔だけど心の中に情熱をたぎらせている神保に惚れ抜いています。神保を師匠として仰いでいる宮本も、この輪の中にすんなりと溶け込むのでした。かつて益戸は文具店でバイトしていた緑ちゃんのことをブス呼ばわりしたそうです。許せません。益戸をぎゃふんと言わせてやろうと、大いに盛り上がる熱風ブラザーズとその仲間たちでした。

入札を直前に控え、熱風ブラザーズは熱帯低気圧から大型台風へとますます勢力を増していきます。入札価格を赤字ギリギリまで下げたいという宮本の主張を岡崎部長(古舘寛治)は渋りますが、神保が巧みに「製薬会社との太いパイプができますよ」とアシスト。宮本の突貫小僧ぶりと神保の老獪なインサイドワークで、熱風ブラザーズは抜群のチーム力を発揮するのでした。人事を尽くして天命を待つ。熱風ブラザーズは、いよいよ入札に臨みます。

益戸がひと足先に製薬会社へのプレゼンを終え、続いて熱風ブラザーズの入場です。製薬会社の販売促進部・峰岸(村杉蝉之介)へのあいさつを済ませた宮本は、峰岸が最近凝っているらしいコンピューターのソフトに関する手づくり資料をお土産として手渡します。益戸は先ほど、新品のソフトを持ってきたそうです。プレゼンの場に立ち合う「ワカムラ文具」の島貫(酒井敏也)は「雲泥の差だね」と鼻で笑います。思わず頭に血がのぼる宮本でしたが、ここは神保がうまくフォロー。「言葉や人との繋がりで得る力を僕は信じています」と爽やかな笑顔で、熱風ブラザーズとしてのフェアな戦い方をマイクアピールします。プレゼンを初めて経験する宮本には、とっさに出てこない台詞でした。現場経験が豊富で、しかも信念を持った営業スタイルを貫くタッグパートナーを頼もしく思う宮本でした。

全力で30分一本勝負のプレゼンを戦う熱風ブラザーズでしたが、神聖なはずのリング、いや入札の場で不正が横行していることに気づきます。儲けの薄いギリギリの入札価格で見積もり書を提出していた熱風ブラザーズでしたが、ライバルの益戸はそれをほんの僅かに下回る価格を提示していたのです。益戸に肩入れしている島貫が、事前に情報を漏らしたに違いありません。勝負あった、でした。自分の力ではどうしようもない、理不尽な大人たちのやり口に憤慨する宮本ですが、どうしようもありません。現実社会の大きな壁にぶつかり、熱風ブラザーズは決勝のリングに上がることなく、予選敗退が決まったのです。

■“燃える闘魂”アントニオ猪木化する蒼井優


 今回の入札は出来レースでした。ライバル社の益戸は犬猿の仲だった神保を蹴落とし、製薬会社は入札制にすることで価格を大幅に抑えることができたのです。熱風ブラザーズはいわば“噛ませ犬”扱いされたのです。喫茶店に入っても怒りが静まらない宮本は、「諦めろ。俺たちはベストを尽くした」となだめる神保に喰って掛かります。「やることをやった人は、そんな顔はしないと思います」と笑顔で苦虫を噛み潰していた神保の表情をディスるのでした。仕込まれた八百長によってリング上で撃沈した熱風ブラザーズは、ついに仲間割れ状態に陥ります。

昼飯も食べずにひとりで小売店を回っていた宮本ですが、夕方になってもまだモヤモヤが続いたままです。諦め切れずに神保のマンションへと向かいます。偶然、マンションから出てきた中野靖子(蒼井優)と鉢合わせになります。頭から蒸気を発している宮本を見つけ、「お姉さんといい所に行こう」と外へ連れ出す靖子でした。

緑ちゃんが妊娠したことが分かり、神保は今知ったところだそうです。しばらく夫婦水入らずにしてあげようという年上の女性らしい、ナイスな気配りでした。先日の飲み会では宮本と意気投合し、自転車に2人乗りして深夜の東京を徘徊した靖子でしたが、この日は厳しく宮本に接します。神保は会社を辞め、新しい会社を立ち上げ、さらには父親にもなろうとしている。新しい人生に神保は精一杯向き合っているのに、宮本は目の前のことしか考えられずにいる未熟者だと。嫌になるほど、心の中を靖子に見透かされています。それでも、まだウジウジしている宮本に、靖子は必殺技を炸裂させます。

アントニオ猪木ばりの脳しんとうを起こしそうなほどの鬼ビンタ、もしくは『機動戦士ガンダム』のセイラ・マスが「軟弱者!」とカイ・シデンを吹き飛ばした平手スマッシュが、宮本のほおを直撃します。キッスよりも熱い、強烈な一撃です。勢力が衰えつつあった熱風ブラザーズ・宮本は、年上の“高気圧ガール”靖子と再会したことで気合を再び注入されるのでした。

夜の亀戸神社に佇む蒼井優と池松壮亮。どことなく昭和感が漂う2人ですが、この並びってデジャヴ感あるなぁと感じていたら、ふと思い出しました。この2人、10代のころにSF実写映画『鉄人28号』(05)で共演していたんですよ。横山光輝原作の有名コミックの映画化で話題を呼んだ実写版『鉄人28号』でしたが、実写版『デビルマン』(04)と同様にCGパートの出来がひどく、記録的な大コケで終わりました。池松は小学生ながら巨大ロボットを操縦する金田少年役、蒼井優は金田少年を姉のように見守る天才エンジニア役でしたっけ。あれから13年の歳月を経て、2人とも日本映画界を牽引する実力派俳優に成長し、再びテレビ東京の深夜ドラマにて邂逅したことにちょっぴり感慨が湧いてきます。ちなみに『鉄人28号』の劇場公開時のキャッチコピーは「純粋無垢は、罪である」でした。今の宮本にぴったりのコピーですね。

靖子に気合を入れられた宮本は、第8話からついに大暴走を始めます。営業先の問屋で益戸にからかわれ、つかみ合いのケンカをやらかしてしまうのです。もはや社会人大失格です。ところが、堕ちるところまで堕ちることで、逆に宮本は誰にも真似できないキラキラとした輝きを放ち始めるのです。宮本の暴走パワーがスイッチオン状態になる第8話も見逃せません。
(文=長野辰次)

 

当記事は日刊サイゾーの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ