関ジャニ丸山、嵐ら出演伝説番組「8時だJ」秘話を明かす「裏で大人がザワついた」

Jnews1

2018/5/25 10:01


5月19日のTBS系「サタデープラス」にて、ジャニーズJr.のバラエティ番組「8時だJ」が話題になりました。

この日のサタプラでは1999年のテレビ番組を振り返るという企画が。そのなかで、当時人気番組だったという「8時だJ」にも言及されたのです。

当時、テレ朝系で放送されていた「8時だJ」。滝沢秀明くんや、現在の嵐メンバーなどがジャニーズJr.時代に出演していた人気番組でした。

そんな「8時だJ」の初回放送では、ホノルルマラソン企画がオンエアされたのだそう。

滝沢くんや相葉雅紀くん、二宮和也くん、松本潤くんや山下智久くんという当時の人気Jr.をはじめとする25人のジャニーズJr.がマラソンに挑戦したのですが…

蓋を開けてみると、1位になったのは当時まだ知名度のなかったというサタプラ司会の丸山隆平くん。(2位は安田章大くん)

当時は無名だった丸山くんが1位になったことにより、番組スタッフは困惑したとのことで、撮れ高が足りないために無理やり見せ場を作るために奔走したとのことです。

当時について、丸山くんは「ホンマに野心丸出しで。“全国放送で一位をとったら、一気に売れるぞ”と思って。空気読まんといったら、テレビ朝日のお偉いさんが『丸山?誰やそれ?』と。企画も編集もだいぶん変わるぐらいの」とコメント。

当時の丸山くんとしては“人気Jr.の見せ場とか関係あらへん。ここで自分が目立って、売れたるんや”とでもいうべき野心の炎が心の中でメラメラしていたようですが、「怒られはしなかったんですけど。裏で大人がザワついた」と語り、今になってみればずいぶん向こう見ずな大胆さだったと思っている様子でした。

丸山くんは「今でも、お偉いさんとはお話をする時があるんですけど。『デビューして活躍してくれてよかった』と言われます」と続け、丸山くんがマラソンで1位になった“一発屋”で終わらずに躍進を遂げたことに、関係者は喜んでいるといいます。

あなたにおすすめ