紫外線にさらされる初夏の肌を救うには? レジャー前後の栄養2選

マイロハス

2018/5/23 10:30


木々の木漏れ日もまぶしいこの季節。キャンプやピクニックなど、アウトドアのレジャーをするにはいちばんいい時期かもしれませんね。

その一方で、紫外線が気になる人も多いと思います。ダメージは気づかないうちに積み重なり、シミはもちろん、シワ、たるみの原因になるから困ったものです。

紫外線というと日焼け止めなど外側からのお手入れを意識しがちですが、根本からのケアを目指すなら内側から取り組むのが効果的といえます。そんなときに頼りになるのがビタミンCと鉄です

活性酸素の暴走で肌細胞が傷つく

shutterstock_531433072

肌が紫外線を浴びると、出てくるのが活性酸素

活性酸素というとネガティブなイメージがありますが、身体に入り込んでくる菌やウイルスを退治するなど、身体にとって大切な仕事をしている存在でもあるのです。とはいえ、あまりにも力が強いため、増えすぎると細胞や遺伝子を傷つけてしまうことに。その結果、シミやシワ、生活習慣病につながるのです。

活性酸素のダメージから肌細胞を守るため、身体は黒い“バリア”を張り巡らせます。これがメラニン色素。つまり日焼けやシミは、紫外線から細胞を守った証ともいえます。

本来、これらの細胞はターンオーバーにより元の色に戻りますが、紫外線を浴びすぎたり、エイジングなどの影響で新陳代謝がうまく働かないと、シミとなって残ってしまうことも。さらに活性酸素は肌のコラーゲン線維もこわしてしまうため、シワやたるみにもつながります。

こうした活性酸素のダメージから肌を救うために、あらかじめとっておきたいのが鉄。身体にはあらかじめ活性酸素を無害化するものが存在しますが、そのひとつがカタラーゼという酵素であり、材料のひとつが鉄なのです。そのため鉄が足りない状態だと、シミができやすくなることに。女性の多くが鉄不足といわれているいま、ぜひ覚えておきたいところです。

そしてご存じ、ビタミンCも活性酸素のダメージから肌を守ってくれます。  

鉄は肉&魚、ビタミンCはサプリで

shutterstock_297774047

鉄補給には、赤身肉や青背の魚などを積極的に食べるのがおすすめ。今なら旬のあさりもいいですね。味噌汁、酒蒸し、アクアパッツァなどいろいろ使えます。めんどくさがりやなら、あさりのむき身が冷凍コーナーや缶詰コーナーにあるので、汁ものにちょい足ししても便利。

ビタミンCは、こういうときはたっぷり確実にとりたいので、私はサプリメントを使います。ビタミンCは水溶性で短時間で体外に出てしまうので、こまめにとるのがコツ。私の場合、身体の状態を見ながら1回1gを3~4回に分けて摂るようにしています。

ビタミンCは、質が悪いものだとすでに酸化している場合もあるので選び方も慎重に。とくに熱や水に弱いため、ドリンクではなく粒をとっています。出かける前はもちろん、帰ってきた日の夜もたっぷりと。

ちなみに、ビタミンCはあさりに含まれる鉄の吸収をサポートしてくれます。ぜひセットで。

今回ご紹介した鉄、ビタミンCはコラーゲンの材料。美肌対策にもつながりますよ。さらに肉や魚、あさりに多い鉄とタンパクは美髪づくりの土台にも。満たされることで、冷え性や疲れやすさ、寝覚めの悪さなど、不調に少しずつ変化が感じられるでしょう。

もちろん、日焼け止めなど外側のケアもしっかりと。今年は紫外線を気にせず、太陽のもと、レジャーをたっぷり楽しみましょう!

あなたにおすすめ