『ダンシング・ウィズ・ザ・スターズ:アスリート』優勝はアダム&ジェナ<動画あり>

米時間4月30日にABCで放送開始した人気ダンス番組『ダンシング・ウィズ・ザ・スターズ:アスリート』が22日、ついにフィナーレを迎えた。素晴らしいパフォーマンスを披露してきたフィギュアスケーターのアダム・リッポン(28)だが、決勝でも見事なパフォーマンスを見せ、パートナーのジェナ・ジョンソンとともに優勝トロフィーを手にした。

平昌五輪で一躍スポットライトを浴びたフィギュアスケート米代表のアダム・リッポン。『ダンシング・ウィズ・ザ・スターズ:アスリート』への出演が決まって以来「優勝候補ナンバーワン」と期待を寄せられていたアダムだが、当初は「パートナーと踊った経験がないからね。とにかく心配だよ。足手まといにならなければいいけど」と弱気を見せていた。しかしジェナとの波長はピッタリで、毎週クリエイティブな振り付けで観客を魅了、最高得点をマークし続けてきたのだ。

21日の放送では、元フィギュアスケーターのトーニャ・ハーディング&サーシャ・ファーバーペア、NFL「ワシントン・レッドスキンズ」コーナーバックのジョッシュ・ノーマン&シャーナ・バージェスペアとの熾烈な決勝戦に臨んだ。

1曲目はミュージカル『アニーよ銃をとれ』のサウンドトラックから、『Anything You Can Do』をチョイスしたアダム&ジェナ。息のあった完璧なダンスに加え、歌詞を口パクして本物のミュージカルを再現したかのような完成度の高いパフォーマンスを見せた。曲が終わると観客らは総立ちで、審査員も全員「10点」の評価を出し、30点満点を獲得した2人。「このままブロードウェイでも通用するレベル」と評価する審査員も見られた。

2曲目はDJ Kass&ラッパーのピットブル(Pitbull)がコラボした『Scooby Doo Pa Pa』に合わせたフリースタイル。ボウルカットの黒髪ウィッグをつけたアダムは、扇子を片手に奇抜な衣装と振付けで圧倒的な存在感を示した。「フリースタイルはちょっとお高くとまったような、遊び心に溢れたダンスさ。僕のパーソナリティーを表しているかのような一曲なんだ」と自信を見せていたアダムだったが、その斬新すぎるスタイルには審査員の意見が分かれ、合計28点という結果となった。

3ペアがそれぞれ2つのパフォーマンスを終えた時点では、アダム&ジェナが「58点」、ジョッシュ&シャーナが「57点」、トーニャ&サーシャは「56点」と僅差だったが、最終的には視聴者の投票結果が加わり、アダム&ジェナペアが見事優勝トロフィーを勝ち取った。

アイスショー「スターズ・オン・アイス」で1か月半をかけて全米22都市を回っていたアダムは、それと並行して社交ダンスの振付けを一日5~6時間練習するというハードな生活を続けてきた。『ダンシング・ウィズ・ザ・スターズ:アスリート』での優勝を目指して殺人的なスケジュールをこなしてきたアダムだが、それも「(長洲)未来が一緒だったからやり遂げられた」と語り、惜しくも前週に決勝進出を逃した“親友”長洲の健闘を称えた。ダンスパートナーに対しては「最高の先生だった。これからも生涯付き合っていく大切な友人」と述べ、ジェナとの間に芽生えた新たな友情への感謝の気持ちを明かしている。

「スターズ・オン・アイス」のほうも20日、ポートランドで無事最終公演を終えたばかり。2つの大仕事をともに“有終の美”で飾ったアダムは、今はさぞ肩の荷が下りたところであろう。

画像は『Jenna Johnson 2018年5月22日付Instagram「Completely and utterly speechless. WE DID IT!!!!!!!」』『Dancing with the Stars 2018年5月22日付Instagram「We don’t know what’s better - @adaripp’s reaction or #teamjustfriends getting ALL 10’s!」「All we have to say is Scooby Doo Pa-WOW!」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 c.emma)

あなたにおすすめ