『花のち晴れ』、杉咲花のクリアファイルがファミマで余りまくり? 視聴率も微妙で、キャンペーン失敗か

日刊サイゾー

2018/5/22 20:00


『花より男子』シリーズの続編となるドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』(TBS系)。ヒロイン・江戸川音を杉咲花が演じ、King & Princeの平野紫耀や中川大志といった若手人気俳優がイケメンキャストとして登場、かつての花男シリーズのように大ヒットを期待するも、蓋を開けてみれば苦戦気味だ。第5話(5月15日)までの最高視聴率は第3話(5月1日放送)の9.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と10%にも届いていない。

「一般的な知名度はそれほど高くない若手俳優で固めているので、注目度という点で厳しいところはあるのでしょう。この手のドラマの場合は放送中にちょっとずつ盛り上がっていき、放送終了後に出演者たちがブレークするというのがパターンですから、ある意味当然の結果ともいえる。ただ、業界内ではもうちょっと世間的に盛り上がってもいいのでは? との声も多いですがね」(テレビ誌ライター)

そんな『花のち晴れ』を盛り上げるべく、5月9日から29日まで、ファミリーマートでタイアップキャンペーンが行われている。対象となるお菓子を含む500円以上のレシートを集めて応募すると『花のち晴れ』グッズなどが当たるというもの。さらに、対象のお菓子を2個買うと杉咲花の写真もしくは、ドラマの舞台となる英徳学園のロゴが入ったクリアファル4種のうち1枚がもらえるが、このキャンペーンがあまり盛り上がっていないというのだ。

「キャンペーン開始から10日くらい経っていますが、近所のファミマにはクリアファイルがたんまりと余っています」(30代女性)

「この前、対象のお菓子2個を買ったのですが、本来ならクリアファイル1枚だけもらえるところ、なぜかクリアファイル4種全部をもらいました。欲しがるお客さんがいないのでしょうか……」(20代女性)

「平野紫耀くんのクリアファイルだったら、店にある分を全部持って帰りたかったのに! 杉咲花ちゃんなら要らないですね……」(20代女性)

どうやら『花のち晴れ』のクリアファイルを余らせてしまっている店舗が多いもよう。人気アニメのクリアファイルであれば、キャンペーン初日にほとんどなくなってしまうということも珍しくないので、残念ながら今回のキャンペーンは成功とは言い難い。

「単純に考えて、『花のち晴れ』の視聴者はイケメン俳優が見たい女性が多いわけで、杉咲花のクリアファイルを配ったとしても、あまり喜ばれないのが現実です。もしも平野紫耀や中川大志のクリアファイルがもらえたのであれば、あっという間に店舗からなくなっていたと思います」(マスコミ関係者)

また、今回の『花のち晴れ』の苦戦は、杉咲花というキャスティングに理由があるという声も聞こえてくる。

「杉咲花は、若手女優の中ではアイドル系ではなく演技派路線。必ずしも学園ラブコメもので輝くようなタイプではないんですよ。そういう意味では、グッズを集めるようなファンも少ないので、クリアファイルが人気にならないのも仕方ないですね。乃木坂46とか欅坂46のメンバーあたりが主演していれば、クリアファイルくらいすぐになくなったと思いますが……」(同)

キャンペーン展開に少々チグハグ感が否めない『花のち晴れ』。果たして、ここから巻き返すことができるのだろうか……。

あなたにおすすめ