BTS新曲を【2018 #BBMAs】で披露予定、ジョン&クリッシー夫妻に第2子誕生、「ディス・イズ・アメリカ」No.1デビュー:今週の洋楽まとめニュース

Billboard JAPAN

2018/5/19 11:00



今週の洋楽まとめニュースは、現地時間2018年5月20日(日)に開催される【2018 ビルボード・ミュージック・アワード】の話題から。今週発表されたパフォーマンス・アーティストは、エド・シーラン、ゼッド、マレン・モリス、グレイ、そして昨年受賞した<Top Social Artist>に今年もノミネートされているBTSが「Fake Love」を披露予定。更に、ショーン・メンデスとカリードが、先日リリースしたばかりのコラボ曲「ユース」をTV初パフォーマンスすることが発表された。また、ザ・チェインスモーカーズ、ホールジー、ニック・ジョナスらがプレゼンターを務めるようだ。【BBMAs】は、日本時間21日午前9時から米NBCにて3時間にわたり生放送される。

【2018 ビルボード・ミュージック・アワード】エド・シーラン/ゼッド&マレン・モリスのパフォーマンスが決定 #BBMAs
BTS(防弾少年団)、「Fake Love」のティーザー動画を公開 【2018 #BBMAs】で披露予定
【ビルボード・ミュージック・アワード】、今後3年間中国で放映されることが決定
【2018 ビルボード・ミュージック・アワード】ショーン・メンデス&カリードによるコラボ曲のTV初パフォーマンス決定 #BBMAs
【2018 ビルボード・ミュージック・アワード】ザ・チェインスモーカーズ/ホールジー/ニック・ジョナスらプレゼンターが発表 #BBMAs

続いて、今週は多くのコラボ曲のニュースが入ってきた。映画『デッドプール2』の公開に先駆け、ディプロ、フレンチ・モンタナ、リル・パンプによるコラボ曲「ウェルカム・トゥ・ザ・パーティー」がリリースされた。また、クリスティーナ・アギレラが最新作『リベレーション』からの3rdシングルとなるデミ・ロヴァートとのコラボ曲「フォール・イン・ライン」を発表。更に、カミラ・カベロが自身のツアー(カナダ・ヴァンクーヴァー公演)で初披露したファレルとのコラボ曲「サングリア・ワイン」が近々公式リリースすることを示唆。ジェニファー・ロペスは、カーディ・BとDJキャレドをフィーチャーした待望のニュー・シングル「Dinero」を今週リリースした。

ディプロ/フレンチ・モンタナ/リル・パンプ、映画『デッドプール2』のために制作されたコラボ曲が公開
クリスティーナ・アギレラ&デミ・ロヴァート、幼少期の写真とともにコラボ曲のリリース日を発表
カミラ・カベロ&ファレル、コラボ曲「サングリア・ワイン」を近々リリースか
ジェニファー・ロペス、カーディ・B&DJキャレド参加の新曲を今週リリース

そして今週、ジョン・レジェンドとクリッシー・テイゲン夫妻に男の子が誕生した。モデル、著者などマルチに活躍するクリッシーは、1050万人のフォロワーを誇る自身のTwitterに「誰かさんがやってきたわ!」と哺乳瓶の絵文字を添え、喜びのツイートを行った。まだ名前が明らかになっていない、誕生したばかりの男の子はジョンとクリッシーにとって第2子で、2人には2歳になる女の子ルナ・メイちゃんがいる。

ジョン・レジェンド&クリッシー・テイゲン夫妻に第2子が誕生

さて、今週の米ビルボード・アルバム・チャートは、ポスト・マローンの 『ビアボングス&ベントレーズ』が2週連続の首位獲得を果たした。2018年にリリースされたアルバムとしては、週間最高となる461,000ユニットを獲得し、堂々のNo.1デビューを果たした今作。登場2週目となる今週も、193,000ユニットを獲得し、2位以下と大きく差をつけて首位の座に居座った。そのうち、ストリーミングによるユニット数は160,000と依然高い水準にあるが、アルバムの純粋な売上枚数は24,000枚と大幅にダウンしている。現在のアルバム・チャート(集計)において、いかにストリーミングが重要かを示した結果となった。

【米ビルボード・アルバム・チャート】ポスト・マローン2週連続首位、リオン・ブリッジズ/レイ・シュリマーらTOP10デビュー

そして、今週の米ビルボード・ソング・チャートは、チャイルディッシュ・ガンビーノの「ディス・イズ・アメリカ」がNo.1デビューを飾った。集計期間5日で6,530万視聴を記録し、ストリーミング・チャートでも1位に初登場した今楽曲。そのうち、68%がミュージック・ビデオによる視聴で、頭に袋を被せられた黒人男性を背後から射殺するシーンなど、衝撃の内容が大きな話題を呼び、ヒット(視聴回数)に繋げた。これについては、アメリカで続く銃による射殺事件や黒人差別など、「何について描かれたものか、何を訴えているのか」ということが、SNS上で議論を交わされていて、ソーシャル・ネットワークでの盛り上がりもヒットの要因となった。

【米ビルボード・ソング・チャート】チャイルディッシュ・ガンビーノ初登場1位、エド・シーランTOP10返り咲き

今週のその他の注目ニュース

マドンナ、近日中に新作をリリースか
故カート・コバーン、自殺現場写真の公開認めない判決
リアム・ペイン、ソロ・デビューALリリース日を発表&1D復活を示唆?
エース・フレーリー、25年ぶりの来日公演が決定 新曲の国内配信もスタート
ドレイク&ミーゴス、大規模な北米&カナダ・ツアーを発表

あなたにおすすめ