『「S.Q.S(スケアステージ)」Episode1「はじまりのとき -Thanks for the chance to see you-」』Ver.Blueゲネプロレポート QUELLの過去と現在、想いが一つになるリスタート宣言

SPICE

2018/5/18 21:45


2.5次元に存在する架空の芸能事務所・ツキノ芸能プロダクションに所属するSolidS(ソリッズ)、QUELL(クヴェル)の2ユニット「SQ」(スケア)の日常や芸能活動の様子を描いたシリーズCDを原作にした「S.Q.S(スケアステージ)」が5月17日に開幕され、ゲネプロ公演が行われた。

(C)S.Q.S01
(C)S.Q.S01

公演はVer.REDとVer.BLUEの2種類がある。2018年5月18日に公開されたVer.BLUEは、和泉柊羽が率いるQUELLがメインとなる舞台。物語の本筋はVer.RED(SolidS)と同じであるが、こちらの公演ではQUELL視点でそれぞれの過去や未来、そしてユニットに対する想いを見ることが出来る。本記事では、QUELLの日常とお芝居パートの写真を中心にレポートする。

記事リンク→『「S.Q.S(スケアステージ)」Episode1「はじまりのとき -Thanks for the chance to see you-」』の開幕ゲネプロレポート。SolidSの結成と今を描くREDステージ。ファンに向けるそれぞれのリスタート宣言とは。
【QUELL】左から久我壱星役・山中健太、久我壱流役・山中翔太、和泉柊羽役・田中稔彦、堀宮英知役・中尾拳也 (C)S.Q.S01
【QUELL】左から久我壱星役・山中健太、久我壱流役・山中翔太、和泉柊羽役・田中稔彦、堀宮英知役・中尾拳也 (C)S.Q.S01

和泉柊羽を演じるのは田中稔彦。SolidSの志季と同様、自ユニットのリーダーとプロデューサーを兼ねており、彼から生み出される流れる水のように澄んだ楽曲は聴く者を圧倒させる。

人懐っこく明るい性格の堀宮英知を中尾拳也が演じる。頼れるお兄さんとしてかわいらしい笑顔を見せるが、ライブパートでの長身から繰り出されるダンスと真剣な表情にぞっとするほどのかっこよさを見せる。

山中健太と山中翔太のリアル双子が演じる久我壱星と久我壱流。双子ゆえの似ているところと性格の異なるところの絶妙なポイントをとてもうまく表現している。QUELL結成秘話で明かされる二人の過去とは……。

そんなQUELLがファンに届けるリスタート宣言。彼らの過去と未来とそれぞれの想いが交わって、リリース記念ライブへと集約していく。

(C)S.Q.S01
(C)S.Q.S01

(C)S.Q.S01
(C)S.Q.S01

1部の冒頭&2部のダンスライブパートは、ペンライトや応援グッズを持ち込んでの応援が推奨されている観客参加型のステージであることは、Ver.REDの記事で語った通りだ。お芝居パートで特に注目してほしいのが日替わりコーナーのネタ。「喫茶くべる」が出てきたら要チェック! キャストやスタッフがこれでもか! と全力で笑わせに来るので覚悟してほしい。
(C)S.Q.S01
(C)S.Q.S01

2.5次元ダンスライブ「S.Q.S」Episode1は5月27日まで、よみうり大手町ホールにて公演中。
(C)S.Q.S01
(C)S.Q.S01

取材・文・撮影:松本裕美
(C)S.Q.S01

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス