俺を置いて…?男が「長年付き合った彼女」に見切りをつけた瞬間3選

ananweb

2018/5/18 20:15

交際期間が長くなれば、お互いの悪い面もたくさん見ることでしょう。でも、いくら嫌になっても、長く一緒にいれば情も湧いてきます。別れたりはしない……かと思いきや、意外とあっさり見限ってしまうこともあるようです。今回は、“長年付き合った彼女に見切りをつけた瞬間”というテーマで男性たちに話を聞いてみました。
文・塚田牧夫

■ 駅に置いてけぼり

「二人で出掛けた帰りのこと。電車に乗っていたんですが、ちょっと混雑していたんです。ある駅に到着したとき、降りる人がたくさんいたので、僕も一旦車外に出たんですね。

そうしたら、乗る前にドアを閉められちゃったんです。電車は彼女を乗せたまま出発。車内では、彼女が“あ~あ”といった表情をしていました。でも、隣の駅で待ってくれてるだろうな……と思うじゃないですか?

で、次の電車に乗って、隣の駅で降りて彼女を探した。けど、いない。ホームを見て回ってもいないので、連絡してみたんです。すると、“もう帰ってる”と……。そのとき、別れを考えましたよね」カズキ(仮名)/31歳

■ 大事な漫画を捨てられた

「彼女とは同棲して四年になります。だいぶ荷物も増えてきていたので、整理するようには言われていました。けど、後回しにしてたんですね。

するとです。あるとき、俺が家に帰ってきたら、なんか部屋が片付いている。よく見ると、本棚にある漫画が減ってる。なんと、俺が大事にしていた漫画がない……。しょっちゅう読んでる、バイブル的な漫画なのに!

彼女に聞いたら、“捨てた”と。“二冊あるからいいじゃん”って言うんだけど、それは“読む用”と“保存用”に分けていたから。しかも彼女は、その保存用のキレイなほうを捨てやがったんです。

信じられなかった。この怒りは別れたって収まらない。絶対にいつか復讐してやろうと思いました」ナツロウ(仮名)/32歳

■ 500円玉貯金横領事件

「財布に500円玉があると、コーヒーのビンなどに入れて貯金をしていたんです。彼女と一緒に住む前からなので、三年以上続けていました。もう、ビンもそろそろいっぱいになるくらい貯まっていました。

ところがある日、それがなんか少なくなっている気がしたんです。それとなく彼女に尋ねると、“気のせいでしょう”と言うんだけど、どうも腑に落ちない。明らかに怪しかった。そこで、ネットで調べていたら“指紋採取キット”なるものがあり、購入してみました。

まず、500円玉を入れているビンをよく拭いて、綺麗な状態にしました。それを、あまり目のつかないところに移動。そのまましばらく放置しておきました。

二週間ぐらいしてビンを手に取り、買っておいたキットを使ってみました。すると、誰も触っていないはずのビンに指紋が! 僕は一切触っていないので、彼女としか考えられない。

その証拠を彼女に突きつけました。でも、しらばっくれるんです。“確かにビンは触ったけど、取ってはいない”と言い逃れしてきました。まずはこの狡猾な犯人を懲らしめてから、別れようと思います」イサオ(仮名)/31歳

“男が長年付き合った彼女に見切りをつけた瞬間”をご紹介しました。

付き合いも長くなると、態度が冷たくなったり、適当にあしらったりするようになるのも、ある程度は仕方ない。でも、相手の気持ちを考えず、傷付けるようなことはすべきではないでしょうね。

(C) FOTOKITA / Shutterstock(C) VGstockstudio / Shutterstock(C) Aaron Amat / Shutterstock(C) Photographee.eu / Shutterstock

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス