「ヘタすぎてイライラする」『モンテ・クリスト伯』新キャラの“棒すぎ”演技に批判続出


 5月17日夜10時から第5話が放送される、ディーン・フジオカ主演の『モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―』(フジテレビ系)。視聴率は初回5.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)、第2話5.7%、第3話7.1%、第4話6.5%と推移している。

同ドラマの主人公は、小さな漁師町で漁業を営む柴門暖(ディーン)。交際相手・すみれ(山本美月)との結婚を間近に控える中、信頼していた南条(大倉忠義)と神楽(新井浩文)に裏切られ、無実の罪で異国の地に投獄されてしまう。その後、“モンテ・クリスト・真海”と名を改めて日本に帰国した柴門が、自分を陥れた人間たちに復讐していくというストーリー。

第4話では、真海の策略に神楽の妻・留美(稲森いずみ)が陥れられることに。真海は留美に、自らのアパレルブランドを立ち上げようとしている安堂(葉山奨之)という青年を紹介。素直で明るい安堂を留美は気に入るが、神楽本人は安堂の手助けをする気はないようだ。

そこで、留美は仮想通貨に手を出し、自分で資金を抽出しようと試みる。すると真海は、自身の財力で留美が手を出した仮想通貨・ベルコインを大暴落させた。留美は神楽にバレないよう、かつて不倫関係にあった入間(高橋克典)に泣きついて300万円を貸してもらうことに。しかし、結局神楽にバレて罵倒されてしまう。その後、留美は300万円を手にして安堂の元へ行き、そのままホテルで交わるのだった。

「ネット上では第4話で初登場した安堂の演技が、あまりにもひどいと話題になっています。『安堂くんが演技ヘタすぎてイライラする』『素人かと思うほど演技がひどいぞ』『ヘタすぎてビビるわ』といった声が続出。しかしドラマ中盤で、安堂は借金をしているため好青年を演じ、金づるを探していることが明らかに。そのため『わざと棒読みだったのかな』『あえての棒だったら少しは許せるかな』と納得する声も上がっていました」(芸能ライター)

第5話では、入間が次なる復讐のターゲットに。真海は外務省勤務でマレーシアに駐在していた出口文矢(尾上寛之)を日本に呼び戻し、自身の別荘に招待。出口は、入間の娘・未蘭(岸井ゆきの)の婚約者だが、当の未蘭は乗り気ではないよう。

そんな中、入間の父・貞吉(伊武雅刀)が自分の遺言書に「未蘭と出口が結婚した場合、自分の遺産を全て寄付する」と記して結婚を阻もうとする。焦りを覚えた出口がこのことを真海に相談すると、真海は「未蘭との結婚前に貞吉を殺して遺産を相続してしまえばいい」と、囁くのだった。

「真海は入間を破滅させるために、まずは娘やその婚約者に付け込んでいくようです。直接本人に復讐するのではなく、間接的にじわじわ痛ぶる真海の様子はまさに狂気。回を追うごとに物語はどんどんダークな方向に進んでいます」(同)

果たして入間家はどうなってしまうのだろうか。次回も目が離せない。

あなたにおすすめ