小1の息子と歩いていた小説家、不審者と疑われる Tシャツにステテコ…“小さな英雄”が身なりの怪しさを果敢に指摘

BIGLOBEニュース

2018/5/17 19:04


小学1年生の息子と歩いていた小説家が、男の子に不審者ではないかと疑いの目を向けられたとのエピソードがTwitterで話題になっている。

小説「異世界落語」の作者・朱雀新吾さんは、小学1年生の息子が下校時に迷子になり保護された経験から、この日、息子と一緒に下校の練習をしていた。すると、小学校高学年くらいの男の子がジロジロと眺めてきて、「ねえ、その子、おじさんの子?」と声をかけてきたという。朱雀さんは、「この子は今、私が小さい子を連れている不審者なのだと疑っている」ということに衝撃を覚えたが、同時に、勇敢にも声をかけてきてくれた“小さな英雄”として尊敬の念を抱いた。このため、「この子はおじさんの子供だから大丈夫。君はとても勇気がある子だね。でも次からは近くに大人がいるか確認して声をかけてね」とアドバイスを添えて回答。対して男の子は「うんごめんなさい」と謝るも、「でもおじさんもそんな変な格好はダメだよ」と指摘したという。

この“変な格好”とは、黒地に「異世界落語」の白文字が縦書きされたTシャツに、将棋の駒の「と金」をふんだんにあしらったステテコ姿。男の子の目には、このラフな格好が怪しく映ったのだろう。朱雀さんは、「時世がら、もっと服装に気を使うべきだったと反省しております 今回は完全に少年に勉強させて頂きました」と語っている。

男の子の勇敢な振る舞いにTwitterでは、「小さな英雄の勇気!!きっと、素敵な大人になると思う!!」「つい先日の悲しい事件、我が家でも下校時が不安で仕方ありませんでしたが、こんな勇敢な子もいてくれるんだと知れて何とも言えない気持ちです」といった称賛の声が殺到。また、朱雀さんについても、「自分だったらあんまり深く考えずにちょっとムっとしちゃいそうだなと思い反省」「声をかけてきた子供の行為を頭ごなしに否定しない対応、見習いたいと思います。彼の正義感を削がない返事を咄嗟にできるか、自分には自信がありません」「近くに大人がいるか確認してからのくだりは、素晴らしいです。もし本当の不審者なら、その子に危険が及びますからね」といった声も寄せられ、大きな反響となっている。

あなたにおすすめ