最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

“女子ライダー”急増中!「バイク」の魅力を語ってもらいました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
東京の声とシンクロするTOKYO FMの番組「シンクロのシティ」。ボイス収集隊が東京の街に繰り出し、さまざまな人々に声をかけ、ひとつのテーマについてその人の意見や思いを聞き出します。その声を聴き、リスナーと共に考えるのはパーソナリティの堀内貴之。4月19日(木)のテーマは「東京バイク女子」でした。
今、女性ライダーが増えていることをご存知でしょうか。日本自動車工業会のデータによると、特に増えているのは 10 代の若い女性と、40 代以降のミドルエイジの女性。バイクに乗る男性は減っているのに女性は増えている……そんな現状を受け、女性ライダーたちにバイクの魅力について聞いてみました。


※写真はイメージです

東京バイク女子

今回、番組にこのテーマを提供してくれたのはラジオDJの鈴木万由香さん。どうやら最近「バイク」にハマっているようで、その魅力について話してくれました。

◆バイクに目覚め、毎日最高に楽しい!

「皆さん、こんにちは! ご無沙汰している間に、私、バイクの免許を取りまして。腕はまだまだですけど、気分はすっかりライダーで、今本当に毎日楽しいんですよ。ちょっと時間があくと、どっか行こうかとか。キャリアがある人は、ライディングで勝負ですけど、私はまだキャリアがないので、格好だけはなんとかしたい(笑)。乗っているのはTriumph(トライアンフ)の『スラクストン1200 R』。図体でかいけど、気の弱い、いいやつ。エンジン音を聞くと『さ! 行こうか!』って感じになります(笑)。
“チームマリ”というグループがあって、その仲間達を紹介したいなと思います。チームマリは、ライダーの皆さんに安全にバイクを楽しんでもらえるように、女性ライダーをサポートしている団体です。女性インストラクターによる、女性のためのライディングスクールであったり、ツーリングやいろんなバイクイベントを開催したりしています。代表の方は一昨年、国際モーターサイクリズム連盟(FIM)のウーマンレジェンドとして、表彰もされている元世界GPライダーなんですよ。井形ともさんという方なんですけど、頼りにしています」
(50代/女性/ラジオDJ)

鈴木万由香さんからご紹介のあった、井形ともさんに聞きました。

◆大きなバイクを操るテクニック

「チームマリは姉の井形マリが作り、最初は速度を競う女性だけのロードレーサーのチームとして作りました。そこで数年間活動した後に、今度は一般ライダーがどんな走りをしているのか?と周りを見たときに、このままでは危ないと思い女性だけに特化した普及活動をするように。やっぱりオートバイって重たいですから、乗るだけじゃなく、降りた後の動きなどの恐怖感も上達するストッパーになっているなと感じたんです。“チビテク”といって手足が短くても、大きなバイクを操るテクニックがある。そういうのを見せて自信を持ってもらっています。オートバイに乗っているときにお尻を大きくズラすと、片足の地面への設置面が大きくなり安定してキープできるという技があります。バイクは男性だけのものじゃなくて、女性にもどんどんチャレンジして乗ってもらって、ライディングスキルを付けて長く楽しく乗ってほしいと思います!」
(50代/女性/チームマリ代表)

街角のバイク女子に、魅力を聞いてみました。

◆非日常の世界へ連れて行ってくれる

「乗り始めてもうすぐ4年ぐらいですね。23歳くらいのときに始めました。Ducati(ドゥカティ)というイタリアの大型バイクに乗っているのと、他に古いミニバイクを2台持っています。土日は晴れていたら必ず乗りますね。地図を片手にふらふらって行くことが多いです。日常から離れて、また違う世界に生きているような感覚がしますね。朝、東京の街を走ると、昼間の混んでいる景色とは違って、こういう東京の空気もあるんだなって感じることがあります。朝の空気って、少し張りつめている感じもありますし、甘い感じの匂いがして、私はすごく好きですね。(その中を駆け抜ける)日常は学校が中心の生活になっているんですけど、私が本当に心から楽しめて安らかな気持ちでいられるのは、バイクに乗っているときなのかなって思います。出会えてよかったと思っています」
(20代/女性/大学生)

◆還暦ライダー! バイクは私の一部

「今年、還暦です。去年初孫が産まれました。BMWの1200ccをモデルチェンジした新型で、コンピュータ化されてクラッチを使わないでもギアチェンジできるとか、オートクルーズもついています。ロングにはあまり行かないので、日帰りで。1回走ると大体350kmはコンスタントに走っていますね。休みの日の朝は環線道路がすいているので、東京湾まで30km走って、羽田の飛行機を眺めて。ぼーっと青い空と飛行機と海を……。オススメです。できるだけ長く一緒にいようねという感じですかね。私の一部かな。なってくれたらいいなあ(笑)」
(59歳/女性/建築関係)

◆バイクに乗り始め、強くなった

「これはホンダのシャドウで750ccです! たまたま家の近所に赤い大きなスクーターが停まっていて、乗ってみたい!と思ったのがきっかけでした。14年くらい乗っていますが、なくてはならない相棒なんです! 東京は渋滞が多いので、あえて夜のナイトツーリングが多いですね。東京タワーの下とかスカイツリーの周りとか、綺麗な場所を目指して行きますね! 観光されているおじいちゃんとかよく話しかけてくれます(笑)。『僕も乗っていたんだよ』とか『起こせるの?』とか(笑)。私自身とても強くなったと思います! 昔は電車にも乗れなくて方向音痴だったんですけど、バイクに乗り始めて、行動する力が出てきた思います。今までの自分では考えられないです」
(50代/女性/会社員)

【どこまでも爽やかなバイク女子の世界】

「自分の殻を打ち破れる」「変われる」「世界は私のモノ!って感じがする」……聞いていると本当にバイクの素晴らしさが伝わってくるバイク女子たちの言葉。堀内貴之も「皆さんすごく爽やかで自立していて、バイクに乗ることによって自分の人生も操縦できるようになった、という感じすら伝わってきました。カッコよかった!」とコメント。5月の青い空の下を走り抜けたい、そんな気持ちになるオンエアでした。

<番組概要>
番組名:シンクロのシティ
放送日時 :毎週月~木曜15:00~16:50
パーソナリティ:堀内貴之
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/city/


外部リンク(TOKYO FM+)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス