ストッキングの伝線は…ありがちファッショントラブル解決法 | デキるOLマナー&コーデ術 ♯95

ananweb

2018/5/17 19:30

お出かけ時はいつ、どんなことがあるのかわからないもの。とくに、ファッションに関するトラブルは、見た目からも恥ずかしい思いをしてしまうからこそ応急処置が大切です。そこで今回は、外出時によく起こってしまいがちなファッショントラブルの解決法についてご紹介します。
■ ストッキングが伝線しちゃった! お助けテクニック

【 デキるOLマナー&コーデ術】vol. 95

ちょっとしたところで足を引っ掛けてしまって、ストッキングがピーっと伝線! しかもこんなときに限って、替えのストッキングもないし、近場にコンビニも見当たらない。……なんていう状況になることってありませんか? 伝染するのは仕方のないことですが、何の準備もできていない時に起こるのは避けたいですよね。

そこで役立つのが、マニキュアのトップコートとヘアスプレー。まずは伝線してしまった箇所がこれ以上広がらないように、素早い応急処置が必要です。このときお手持ちのバッグにあると便利なのが上記二つ。使いやすく、しっかりと伝線の広がりを止めてくれるのはトップコートです。速乾性もあるうえに、透明だから目立ちにくい、早めに処置できれば伝線がほとんど目立ちません。

トップコートを持ち歩いていないという方は、携帯用のヘアスプレーで代用することもできます。できればハードタイプでしっかり固まるスプレーが効果があるのでオススメです。伝線した箇所に吹きかけることで、余計な広がりを防ぎます。とはいえ、トップコートほどの維持力がないので、激しく動いたり、長時間そのままでいると、また伝線してしまうので気をつけてくださいね。

■ あっ…ほつれ! 服のほつれのお助けアイテム

薄手の季節になると、網目が粗く柔らかいお洋服が増えてきます。ふとしたときに、どこかに引っかけて服がほつれてしまうことも増えてくるので気をつけたいところ。

万が一、お洋服がほつれてしまった…! というときにオススメなアイテムが「補修針」。ほつれてしまったお洋服をお直しするための専用の針で、糸を通す必要もなくこれ1本でほつれが修正されます。穴が開いてしまった服は、糸を使って縫いあわせなくてはなりませんが、糸が飛び出ただけならば、この補修針で簡単に直せるので、これはポーチに入れたいマストアイテム!

手芸屋さんや、ネットで購入することができるので、ぜひチェックしてみて下さいね。

■ がーん! シミがついたときの速攻落とし技

シミにはワイン、醤油などの水溶性と、ファンデーション、インクなどの不溶性タイプの2種類があります。水溶性と不溶性のシミは落とし方が変わってくるので、まずは、ついてしまったシミがどちらなのかを把握しましょう。今ではネットで検索すると、一覧が出てくるのでついたシミの種類がどちらかなのか、素早く検索かけると良いですよ。

水溶性は、濡れたタオルやティッシュでシミが広がらないように、つまむようにシミを取り除きます。そのあとに乾いたタオル、ティッシュで拭き取ります。帰宅したらすぐに洗濯しましょう。反対に油性は、乾いたタオル・ティッシュで油分を拭き取る程度しか応急処置ができないので、市販の携帯用シミとり洗剤を使って、すぐに汚れを落としましょう。

シミとり洗剤は、さまざまなブランドがありますが、個人的にオススメなのはドクターベックマン社のシミとりペンです。ペンタイプで直接、汚れた箇所に塗布できるので早い段階で簡単に汚れを落とせるのではないでしょうか。ぜひこちらのアイテムもチェックしてみましょう!

■ 困った時の対応グッズは持っておいて損はなし!

忙しく働く女性だからこそ、お洋服を汚したり、破ってしまうというのは、誰でもよくあることです。そのたびに、買い替えたりすれば良いのかもしれませんが、トラブル時にタイミングよく、替えの服や小物を持っているわけではありません。

だからこそ、デキる女性はポーチにトラブルに対応できるレスキューアイテムを忍ばせておくのです♡ とくにシミとりペンと、補修針はいざという時によく使えるので、お店で見かけたら即GETしてくださいね。

あなたにおすすめ