最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

石田秀範監督『仮面ライダーアマゾンズ』は監督人生のベスト1、棺桶に入れて持っていきたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

●見ごたえを悪くする、わかりやすくしない、すぐに答えを出さない
Amazonプライム・ビデオにて2016年に「Season1」(全13話)、2017年に「Season2」(全13話)が配信され、ついに5月19日には"完結編"となる劇場版が公開される『仮面ライダーアマゾンズ』シリーズ。ハードなアクションのみならず、重厚なストーリー、そしてそれぞれにドラマを抱えた魅力的なキャラクターが、多くのファンの心を掴んだ。『アマゾンズ』はどのようにして作られていったのか。配信ドラマのSeason1、Season2で手腕をふるい、劇場版を手がける石田秀範監督にお話をうかがった。(前後編の後編/前編)

石田秀範監督 撮影:大塚素久(SYASYA)

――『アマゾンズ』演出にあたって、核にされたのはどのようなことなのでしょう。

どんなことでも、オブラートに包まず表現するってことです。見ごたえをあえて悪くする、わかりやすくしない、すぐに答えを出さない。映像そのものや、役者の芝居に実感を持たせる。登場人物の痛い、辛い、苦しいといった生々しい感情を実感させる、というところですかね。

――人間同士の感情がむき出しになった生々しいドラマを見せていくためには、演じる俳優の方々にも高いレベルを要求することになりますね。そうなりますと、キャスティングについても石田監督ならではのこだわりがあったのではないですか。

"芝居がちゃんとできる人"というのは絶対条件でした。でも、いいものを持っているけれど、出し切れていない人もいるんですよ。だから、"実現力のある人"というのも大事です。プロデューサーや監督、スタッフの期待にどこまで応えられるか。自分の殻を破って、新しい世界に飛び込んでいけない人もいますので、そのあたりの見極めはオーディションにおいて大切なことでした。

――十分なキャリアを持った谷口賢志さんがアマゾンアルファ/鷹山仁を演じるというのは、石田監督にとっても「期待に応えられる人物」という条件に見合っているのではないですか。

谷口くんはベテランの域ですので、たぶんこの役(仁)は出来るな、と思いました。まあ、いざ演じてみるとあそこまでエグい芝居をするとは、正直想像していなかったな(笑)。もちろん、こちらから"空気"は入れましたけれどね。撮影に入る前は、彼自身も「仮面ライダー」のブランドを意識して、いかにもな「ライダー」の芝居をしようと思っていたかもしれない。何しろブランドなので、各方面からの注目、期待もすごいでしょうからね。そういう部分を砕いてやって、"空気"を吹き込んでみました。ただ、こちらが期待していても、応えられる人と応えられない人が出てくるんですが、その点、谷口くんは一流の俳優ですから、見事に応えてくれました。

――もう一人の主人公・水澤悠を演じる藤田富さんの起用についてはいかがですか? "野生"な大人の仁との対比で"養殖"を思わせる繊細さを備える藤田さんは、見事に悠を自分のものにされていたように思えます。

藤田くんは、演技経験のなかったまったくの新人でした。彼は白倉(伸一郎/プロデューサー)さんが選んだ、イチオシ中のイチオシだったんです。白倉さんは彼を見た瞬間、一発で決めたっていうんです。僕は気づかなかったですけれど(笑)、白倉さんの"メガネ"はこれまでにも曇ったことがないですからね。撮影に入ると、あの芝居でしょう。演技経験がなくてあの表現力ですから、彼の感性は凄いです。でも、僕はいまだにあいつの人間性が分からない(笑)。理解不能なんです。それが魅力なのでしょう。

――藤田さんは映画『最後ノ審判』では、台本どおりではなくご自分なりのアイデアを生かして芝居をしたい、と石田監督に提案されたそうですね。

そう。Season1やSeason2のときはそういうこと言わなかったですからね。富がその後、他のドラマや映画などの仕事をこなすようになり、役者としての自覚が出てきたのでしょう。他人からこうしなさいと言われるだけでなく、自分からもこうしたいという提案をしなきゃいけないということが、わかってきたんだと思います。

●楽な仕事ほど辛いものはない

――『アマゾンズ』では悠と仁を中心に、駆除班メンバーや野座間製薬の関係者など、数多くのキャラクターがそれぞれの思惑を秘めてうごめきあいます。特にSeason2では、Season1の面々に千翼やイユ、4C黒崎隊などが加わって、さらに複雑な人間模様が展開することになりました。個性の濃厚なキャラクターが入り組んでいて、演出されるほうとしては大変ではなかったですか?

いえ、面白いんです。大勢のキャラクターが複雑に入り組んでいたほうが面白い。こういっては何ですけれど、つまらないキャラクター設定や人物表現を、そのまま撮ることほどつまらない作業はないですよ。監督に限らず、スタッフはみなそうだと思いますけれど、映画の撮影では苦労することをいとわないんです。苦労するほど、やりがいを感じます。反対に、楽な仕事ほど辛いものはないです。だんぜん、苦労したもののほうが楽しい。苦労したほうが、作品が面白くなるってことが絶対的にわかっているからです。今後もどんどん、苦労したいと思っています。

――『アマゾンズ』の主人公は悠と仁ですが、脇を固める存在である駆除班メンバーそれぞれの個性も作品の大きな魅力となっていますね。志藤、三崎、高井、福田、マモルなど、愛すべき駆除班メンバーの演出についてのお話を聞かせてください。

脚本の小林(靖子)さんには悪いんだけど、最初の台本を読んだとき、駆除班の描写がそれほど濃くなかったので、僕としてはもっと彼らを膨らませてもいいかな、と思ったんです。そこで、自分で駆除班ひとりひとりのキャラクター設定を作り、各人の出身地や血液型など、詳細な情報を与えてみたんです。ホン(脚本)の読み合わせのとき、駆除班キャストそれぞれに「お前はAB型で、性格が悪い」とか、事細かにキャラクター設定を説明しました。そういうのはドラマ上、ぜんぜん関係ないんですけれど、キャラクターにしっかりした肉付けをすれば、当然、ありきたりな人物にはなりません。ヒトくせもフタくせもある人間像が仕上がってくるので、演じる役者としても、燃えてくるでしょう。脇役が面白ければドラマは面白くなります。主役だけがいくらよくても、脇がちゃんとしていないとダメなんです。だから、脇のキャラクターを先に固めておく、というのはドラマ作りの基本だといえます。

――映画『最後ノ審判』では、さすが『アマゾンズ』の完結編と銘打っているだけあって、藤田さんも谷口さんも持てる力を振り絞って悠と仁を演じられているような迫力を感じました。石田監督としては、主役のお2人にどんな演出を試みられましたか。

そりゃあこれで最後だから、2人としてはかなり盛り上がっていたでしょうね。藤田くん、谷口くんには設定面のことだけは伝えていましたが、それ以上の細かい演技については、ほとんど僕のほうから口を出していません。彼らなりに盛り上がって、いろいろな演技のアイデアを考えているので、そちらを優先するのが正解だと思ったんです。仁のことは谷口が、悠のことは富がいちばんよく知っているはずなので、僕がああだこうだ言う必要がないんです。だから、ほぼ彼らに丸投げしていると言っていいですね(笑)。

●魂を込めて作っているかどうか、お客さんには伝わってしまう

――映画では、見た目は人間とまったく変わらない「アマゾン」を食用としてビジネスに利用する設定が非常にショッキングでした。人間の倫理観に挑戦するドラマとしては、Season1、Season2に匹敵か、それ以上の衝撃度があるかもしれません。

そうでしょうね。あの設定は脚本の高橋(悠也)くんが考えたアイデアですが、OKが出た以上は、どんな描写でもオブラートに包まず表現します。それが『アマゾンズ』の世界なんです。映画でもかなり残酷だと思われる表現があるかもしれませんが、『アマゾンズ』の完結編を作るからには最後まで取り組み方を変えず、表現方法を貫き通すのが筋ではないかと思っています。

――石田監督としても"ノッて"作ることのできた『アマゾンズ』が映画で完結してしまうことに、一抹の寂しさがあるのではないでしょうか。

そりゃあ寂しいですよ。もう完結なんて言わないで『アマゾンズ真・完結編』をもう1本作ってほしい気持ちもあります(笑)。でも、もう1本くらい観たいなあ、とか言われているうちが華かな、とも思いますので、ちょっと余韻のようなものを残しながら、これで終わりにするというのがいいタイミングなのでしょう。

――それだけに、映画『最後ノ審判』は、石田監督をはじめ『アマゾンズ』全スタッフ・キャストが全力を注いで作った作品といえますね。

適当にやっているか、魂を込めて作っているかどうか、お客さんには伝わってしまいますからね。そこは絶対に気を抜くことができません。本気で作品を作っていると、スタッフ・キャストの思いが画に出てしまうんですよね。不思議と。「本気で作る」というのは、映像作品にとって基本であり、忘れてはならない大事なことなんです。

――改めてお聞きしますが、『アマゾンズ』は石田監督にとって、どのような作品になりましたか。

そりゃあもう、わが監督人生の中でのベスト1ですよ! 30年間この仕事をやってきて唯一、棺桶に入れて持っていきたい作品です。出来上がった作品そのものもさることながら、撮影現場がとても楽しかったんです。まあ、僕に付き合わされたスタッフやキャストはたまったもんじゃなかったかもしれませんけれど(笑)。撮影をしていて、疲れたとか、やめたいとか、明日休みたいな、なんて思ったことが一度もない、すばらしい現場でした。

――見事『アマゾンズ』を完結まで導いた石田監督に、このタイミングでぜひうかがっておきたいことがあります。いつかまた、従来の特撮ヒーローの常識をひっくりかえすかのような意欲的な作品の監督を依頼されたら、引き受けられますか?

もちろん、作ってみたいですね! 『アマゾンズ』は僕にとってやりたいことをやれた非常に有意義な作品でしたが、今後また、自分にとって刺激になる作品と出会えるものなら、ぜひとも取り組んでみたいと思います。

石田秀範(いしだ・ひでのり)
1962年、富山県出身。専門学校卒業後、東映テレビ・プロダクションにて『時空戦士スピルバン』(1986年)など特撮ヒーロー作品の助監督を務める。『特警ウインスペクター』(1990年)でチーフ助監督となり、翌1991年『特救指令ソルブレイン』の第19話で監督デビューを果たす。『仮面ライダークウガ』(2000年)から始まる平成仮面ライダーシリーズでも活躍し、多くの傑作エピソードを残している。『仮面ライダーアマゾンズ』ではSeason1の第1、2、7、8、12、13話、Season2の第1、2、5、6、10、11話、そして『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』を手がけた。

(C)2018 劇場版「仮面ライダーアマゾンズ」製作委員会 (C)石森プロ・東映

外部リンク(マイナビニュース)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

アニメ・マンガ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス